台風に備えて窓や雨戸車庫の対策まとめ!準備しておくと良いもの!

台風に備えて窓や雨戸車庫の対策

勢力の強い台風が接近していると、連日ニュースでも報道されています。

台風や大雨、強風に備えて、私達は何をしておけば良いのでしょうか?

今回は、台風や大雨の災害時、特に被害が多いと思われる

  • 雨戸
  • 車庫

について、その対策方法をまとめてみました。






日常の疑問本文スタート

窓や雨戸の台風対策

まずは、集合住宅において最も被害が多い「窓ガラス割れ」の対策についてお伝えします。

窓ガラス割れ防止について

窓ガラスが割れないように、何らかの防止対策をしたい場合において、知っておきたいのは、

強風で窓が割れる被害の状況は、どのような感じなのか?

という事です。

非常に強い勢力を持った台風で強風の場合、小さな石が飛んできただけで窓ガラスが割れてしまうことが多いです。

割れた後の事を考えると、ベランダにある植木や洗濯ハンガーなども家の中に飛んでくる事になります。

そうならないよう、強度の高い窓ガラスを選びたいですね。

強度の高い窓ガラスや、雨戸シャッターについて詳しくまとめた記事がありますのでご覧ください。

読まれている日常の疑問
今回は、台風のような強風で窓が割れるケースに ついてのお話です。 例えばペアガラスなど、窓ガラスの種類によっては 割れにくいものなのか? どんな窓ガラス割れ防止が最適なのか? そのあたりを探ってみました。 このページでは、強風で窓が割れる被害の状況から まとめてあります。どうぞご覧ください^^

窓ガラス割れ飛散防止対策

実際に割れてしまった場合に備えて、窓ガラスが飛散するのを防止する「ガラス飛散防止テープ」が市販されています。

また、最近では「養生テープ」が有効とツイッターなどでツイートされており、一部のホームセンター等では品切れとなる場合もあるそうです。

いざ、飛散防止対策を使用と思っても、テープが手元にない場合は、他のもので代用する事ができます。

窓ガラスが割れた際の飛散防止対策についてまとめた記事がありますのでご覧下さい。

読まれている日常の疑問
台風による強風で窓ガラスが割れて飛散するのを防ぐため、ガラスの飛散防止テープや養生テープを貼って対策する事が知られていますが、今回は、飛散防止テープや養生テープがない時、テープを貼らないでできる台風の窓割れ飛散防止対策についてお伝え致します。

外からの衝撃対策

ガラス飛散防止テープや養生テープは、ガラスが割れた際の飛散防止が期待できますが、物が飛んできてぶつかる事は防止できません。

雨戸シャッターや雨戸がない住宅もたくさんあると思います。

そんな住宅において、雨戸の代わりになるものがないかどうか調べてみました。

読まれている日常の疑問
今回のテーマは、雨戸の代わりになるものです。 台風にそなえて窓ガラスが割れないように、あるいは割れても飛び散らないようにするための対策のお...

強風でガタガタする音対策

就寝後に台風がやってくると、窓や雨戸がガタガタ、ミシミシ、と音がうるさい時があります。

身の回りにある素材を使って、自分で対策できないか調べてみました。

まずは、窓の音対策について。

読まれている日常の疑問
台風や強風の際に、ミシミシガタガタなってうるさい窓の防音対策として、発泡スチロールを使用する方法を詳しくお伝えしたいと思います。発泡スチロールと合わせて段ボールを使用する事でより効果的です。段ボールで発泡スチロールを留める際のポイントも合わせてご紹介。

また、雨戸の音対策については、普段から開け閉めする際に音がうるさい場合があります。

その悩みを解決するアイテムも合わせてご紹介していますので、ぜひご覧ください。

読まれている日常の疑問
今回の話題は、雨戸の騒音対策です。 雨戸が夜もガタガタうるさくて、よく眠れないという こともあります。 また、音が大きいと隣近所に迷惑をかける場合もあります。 アパート住まいだと音がよく聞こえるので、トラブルになる 心配もあります。 このページでは、雨戸を収納するスペースである 「戸袋」の音、雨戸とガラス窓のすき間による振動 の音、雨戸の開け閉めする時のキーキーという音、 それぞれの対策についてお伝えしていきます^^

窓ガラスが割れてしまった時の応急処置


ここまでは対策についてお伝えしてまいりましたが、実際に被害にあった場合の対処方法についてまとめてみました。

窓ガラスが割れた時の応急処置

窓ガラスが割れてしまった場合、慌てて片付けてしまいそうですが、ちょっと待って!

賃貸住宅の場合や、保険金を請求する際には証拠写真が必要となる場合があります。

慌てず、落ち着いて行動しましょう。

次の記事では、実際に台風や強風によって窓ガラスが割れてしまった時の応急処置、対処方法について詳しく説明しています。

読まれている日常の疑問
今回の話題は、「台風で窓ガラス割れた!応急処置はどのようにするべきか?」です。 お伝えするポイントは、「二次被害に注意」「ガラスの処理の仕...

窓からの水漏れ雨漏れ対処

台風によって雨風が強い時には、窓枠から水漏れしたり、雨漏りする場合もあります。

水漏れや雨漏りした際の対処方法について、身近にあるタオルや布、新聞紙を使用した方法についてご紹介しています。

読まれている日常の疑問
台風によって雨風が強い時には、窓枠から雨漏りする場合もあります。今回は、台風による雨風で窓枠から雨漏りしないよう、タオルや布、新聞紙等を使用した雨漏り対策についてや、雨漏りした場合の対処方法、オススメの吸水シートについてお話したいと思います。

車庫対策

次に車庫の台風対策について考えてみたいと思います。

大がかりな対策が必要になる場合もありますので、自分だけで判断できない場合は、専門の業者さんに相談しましょう。

車庫の台風対策

調べてみると、シャッターガードを取り付ける方法が一番簡単だという事が分かりました。

次の記事では、車庫シャッター、カーポート、伸縮カーゲートなどの対策についてまとめてあります。

また、シャッターのばたつき防止についてもリサーチしてありますので参考になさってください。

読まれている日常の疑問
今回のテーマは台風対策です。 車庫の対策では、車庫シャッター、カーポート、伸縮 カーゲートなどの対策についてまとめてあります。 家の窓シャッターは、閉める時の注意するポイントを 中心にお伝えします。 最後は、シャッターのばたつきの防止法をリサーチして あります。 どうぞ、台風対策の情報収集のきっかけにお役立てください。

備えておくと良いもの

住宅の対策と合わせて、台風が来る前に準備しておくと良い物をまとめておきましょう。

備えておくと良いもの一覧

台風のシーズンは夏から秋ですので、割と対策する時間が取れると思います。

しかし、人間は忘れてしまう生き物ですので、思いついた今、揃えられるものは準備しておきましょう。

いざという時に、焦らずに乗り切ることが出来ます。

こちらの記事に、台風が来る前に備えておくとよいものをまとめてありますので、ぜひ参考にして下さい。

読まれている日常の疑問
台風が良く来る地域に住んでいるので、小さい頃からよく遭遇しています( ;∀;) 何回経験しても不安になる事が多いですよね。 今回...

即席のキャンドルスタンド

停電になった時、懐中電灯があれば役立ちます。

また、電気を使用しないろうそくも有効なアイテムです。

キャンドルスタンドが手元にない時、小さなろうそくであれば、「ろう」を垂らしたところに立てればくっつくので、陶器の小皿でも代用できます。

次の記事では、大きめのろうそくにおいて「ろうそく立て」がない場合の対処方法をご紹介しています。

読まれている日常の疑問
「ろうそく立て」がないとき、即席の対処はどうするか? 小さな「ろうそく」であれば、「ろう」を垂らしたところに立てればくっつくので、陶器の小...

暴風と強風の警報の違いを理解しよう

最後に、暴風と強風の警報の違いについてお話したいと思います。

台風接近時には、暴風警報や強風警報などがニュースで流れます。

他にも、「暴風特別警報」「強風注意報」などがあり、その基準や私達はどうすればよいのかピンときません。

主に「気象庁のサイト」からの情報を中心に、暴風と強風の警報などについてまとめましたので、ぜひ参考にして下さい。

正しい知識と、正しい情報で、危険な状況を乗り越えていく事ができると思います。

読まれている日常の疑問
今回は、暴風と強風の警報についてお伝えします。 違いを知りたい!という疑問に答えるような形でお話を進めていきます。 身近なところでは、学...

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、台風に備えて窓や雨戸、車庫の対策を中心にまとめてみました。

  • 窓や雨戸についての台風対策
  • 窓ガラスが割れてしまった時の応急処置
  • 車庫についての対策
  • 備えておくと良いもの
  • 暴風と強風の警報の違い

台風が直撃し、強風や大雨の中では避難する事ができません。

避難勧告が出た時点で、避難を検討し安全に避難できるようご判断下さい。

ブログシェアのお願い
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その他の関連記事