台風で窓がミシミシガタガタ怖い!発泡スチロールで防音対策!

ミシミシガタガタ怖い窓の泡スチロール防音対策

深夜に台風が来ると、窓ガラスがミシミシ言って怖い!

音がうるさくて眠れない!

そんな経験した事ありませんか?

今回は、そんなミシミシガタガタなってうるさい窓の防音対策として、発泡スチロールを使用する方法を詳しくお伝えしたいと思います。






発泡スチロールをきつめに嵌める

1.発泡スチロールを用意する

発泡スチロールはなるべく厚手の2~3cm厚位のものを使用します。

2.カットする

窓または窓枠に合わせてカットします。

この時、数mm程度大きめに切っておきます。

3.窓にはめ込む

発泡スチロールが割れないように注意しながら、窓または窓枠に嵌めていきます。

4.テープで固定

四辺をテープで留めて外れないようにします。

段ボールで発泡スチロールを抑える


発泡スチロールだけでも充分だと思いますが、不安な場合は、段ボールを被せます。

ポイントは、段ボールで発泡スチロールを押さえつけるように貼り付けると効果的です。

なお、段ボールを固定する際には四辺をテープで留めた後、漢字の「米」の時にもテープを貼ると良いと思います。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、台風による強風でミシミシガタガタなってうるさい窓の防音対策、

  • 発泡スチロールをきつめに嵌める
  • 段ボールで発泡スチロールを抑える

について説明しました。

防音対策と合わせて、窓ガラスが割れた際のガラス飛散防止となります。

うるさい音を気にせず、安心してぐっすりお休みください。

●合わせて読みたい

台風や大雨の災害時、特に被害が多いと思われる、窓・雨戸・車庫について、台風対策をまとめてみました。窓ガラスが割れた際の飛散防止対策、雨戸がない場合の対策や雨戸の騒音対策、車庫の台風対策など。また備えておくと良いものもピックアップしています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その他の関連記事