お腹を引っ込める姿勢で腹筋鍛えられる?骨盤矯正もしてぽっこりを解消したい!

お腹を引っ込める姿勢で鍛える腹筋

お腹を引っ込める姿勢で腹筋を鍛えて骨盤矯正もして、ぽっこりお腹も解消したい!

ということで、今回はドローインというトレーニングについてお伝えしていきます。

お腹を引っ込める姿勢だけで、ぽっこりお腹を解消したい人、骨盤矯正できるのかを知りたい人は、どうぞ参考にしてください。

今回は、「常にお腹へこます効果」についてお伝えします。 常にお腹をへこますエクササイズとしては、「ドローイン」 と呼ばれるものになります。 このページでは、ドローインの3つの姿勢で体を引き締めら れるポイントをまとめました。

そもそも、お腹に力を入れているだけでも効果があるのだろうか? と思い、それに伴うカロリー消費なども気になってきた私。 少しでもお腹を引っ込めたい! という思いで書いてみました( `ー´)ノ 参考にしてみてくださいね^^





お腹を引っ込める姿勢でぽっこりお腹を解消できる?骨盤矯正は?

お腹を引っ込める姿勢で、ウエストを細くする、ぽっこりお腹を解消する、ということで取り入れる人も多いのは、ドローインというトレーニングです。

ドローインは体幹トレーニングとして人気ですが、もともとは腰痛のリハビリに用いる理学療法なのだそうです。

それでは、なぜドローインはダイエットをする人たちに人気があるのでしょうか。

お腹を引っ込める姿勢を取る「ドローイン」によって、ぽっこりお腹を解消できる理由を探ってみました。

ドローインでぽっこりお腹を解消できる理由

ぽっこりお腹になる原因は、体幹を支えて内臓の位置を保つ「筋肉」の衰えです。

そのため、ぽっこりお腹を解消するには、腹横筋というインナーマッスルを鍛えれば良い!と言われています。

その腹横筋を鍛えることに適しているのは、大きくお腹をへこませるドローインであるというわけです。

骨盤矯正については、ドローインにひと工夫した動きを入れる提案があります。

これは、ドローインのやり方のあとに紹介しますね。

ドローインの基本動作とやり方のいろいろ

ドローインの基本動作は2つです。

(1)息を強制的に吐き、お腹をへこませて腹圧を高めます。
(2)お腹をへこませた状態で呼吸をしながら状態をキープ。

やりやすくするためのポイント!

ドローインの動作をしているときに、お腹の両サイドに軽く両方の手のひらを当ててください。

そうすると、腹圧の高まりを確認することができるので、ドローインの動作を意識しやすくなります。

それでは、ドローインのやり方をどうぞ。

— 仰向けに寝た姿勢でドローイン

(1)仰向けに寝た姿勢で膝を立てます。

(2)何度か腹式呼吸をしてお腹を動かします。(準備運動)

ここからスタートです。

(1)ゆっくりと息を吐きながらお腹をへこませます。
(息を吸ってへこますのではない)(2)もうお腹がへこまないというところまで息を吐きつづけます。(3)状態をキープ。そのまま浅い呼吸を繰り返します。
(10~30秒キープ)

(4)元に戻します。

効果を上げるポイント

* お腹をへこませるイメージよりも、圧力をかけるイメージを大切にする。
* 回数は少しずつ増やしていきます。
* 継続することで効果が出てきます。

— イスに座ったままの姿勢でドローイン

浅めに腰掛けて、胸を張ります。

あとは、「仰向けに寝た姿勢でドローイン」と同じ動作です。

— 立ったままの姿勢でドローイン

(1)足は肩幅くらいにして、自然に開きます。

(2)胸を張って背筋を伸ばした姿勢に整えます。

ここからは、「仰向けに寝た姿勢でドローイン」と同じ動作です。

骨盤を安定させるひと工夫

立ったままの姿勢でドローインの応用というイメージで考えると理解しやすいです。

ポイントは、骨盤と肩甲骨をしっかり固定する姿勢です。

(1)両足のかかとをつけます。

(2)つま先のほうを広げて直角に開きます。

(3)両腕を真上に伸ばします。

(4)「片方の手のひら」と「もう片方の手の甲」を重ねます。

ここから動作に入ります。

(1)鼻から3秒で息を吸います。

(2)つま先立ちをして全身を上に伸ばしながら、息を吐き出します。

(3)全身を縦に真っすぐ伸ばして、7秒間キープ。

体を固定したままの姿勢で、お腹に圧をかけるのがポイントです。

まとめ

お腹を引っ込める姿勢でトレーニングするドローインは、お腹をへこませる意識よりも、お腹に圧力をかける意識を大切にしてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする





その他の関連記事