日焼け止めの後処理は?肌を守るための3つの落とし方!

日焼け止めの後処理

日焼け止めは、メイクと同じようにクレンジングで落とすものなのか?

あまり深くは考えないで、石鹸を使って落とせばよいのか?

今回の話題は、日焼け止めの後処理です。

肌をやさしくいたわる方法や、アフターケアーの保湿など、肌を守るための日焼け止めの落とし方についてお伝えします。

読まれている日常の疑問
日焼け止めを毎日塗っていたら肌が白くなる。 そのような話があるのを知って、何か特別なコツがあるかを調べてみました。 今回の話題は、「一年...






日常の疑問本文スタート

日焼け止めの後処理はクレンジングで落とすの?石鹸だけではダメ?


スキンケアの考え方としては、日焼け止めを塗って紫外線を対策するだけでなく、日焼け止めは「落とす」ことも重要であるとされています。

美肌を保つためには、しっかりとケアをしましょう。

基本的には、日焼け止めの商品説明の通りでOKです。

「お湯で落とせるタイプ」「石鹸でオフできるタイプ」「クレンジングで落とす必要があるタイプ」のどれか、表記をよく確認してください。

しかし、美容ライターさんやスキンケアの愛好家も、皮膚科の先生や化粧品メーカーも、それぞれのサイトでは、次のようなことを指摘しています。

それは、「落とし残しに注意!」

日焼け止めも役目が終わる時間になったら、単なる「汚れ」でしかないからとのこと。

キレイに落とさないと、ニキビや吹き出物、肌荒れの原因になってしまうというわけです。

メイク落としと同じように、家に帰ったらできるだけ早く、洗い残しがないように落とす必要があります。

成分の話では、次のようなことも!

日焼け止めには、「紫外線散乱材」と「紫外線吸収剤」の2種類の成分が配合されています。

商品によっては、どちらかだけの場合もあるようです。

注意したいのは、「紫外線吸収剤」のほう。

これは、お肌に残すと良くないのだとか。

「紫外線吸収剤」は、紫外線を取り込んだ際に「化学反応」を起こすことによって、「紫外線が肌の内部に侵入するのを防ぐ」働きがあります。

紫外線カット効果が高い分だけ、「紫外線吸収剤」は、人によっては肌の負担になりやすいそうです。

結論としては「お湯で落とせるタイプ」の日焼け止めでも、「石鹸でオフできるタイプ」の日焼け止めでも、「クレンジングを使って落としたほうが良い」となります。

日焼け止めの洗い流しがあるということは、ファンデーションを落とせていないのと同じと考えてください。

日焼け止めの後処理に使うものと3つの手順

「お湯で落とせる」日焼け止めには、「クレンジング不要」と記載されているものがあります。

それは、クレンジングを使うな!クレンジグを使うとは肌が悪くなる!このようの伝えたいわけではありません。

先ほど「結論」とした通り、「お湯で落とせるタイプ」の日焼け止めでも、「石鹸でオフできるタイプ」の日焼け止めでも、「クレンジングを使って落としたほうが良い」です。

クレンジングと石鹸(洗顔料)の両方を使うのがベスト!

大きな流れは、

「クレンジングで落とす」 ⇒ 「ぬるま湯で流す 」⇒ 「石鹸で洗顔」

です。

「クレンジング」は顔だけではなく、ボディの日焼け止め落としにも使います。

顔もボディも、濡らす前に「クレンジング」をなじませるのがポイント。

なじませることができたら、「指の腹」を使って日焼け止めを落としていきます。

顔のすすぎ残しの予防!

「浮き上がった日焼け止め」「一日の汚れ」「なじませたクレンジング」ティッシュで押さえて汚れを吸収させてください。

顔は、洗面器のぬるま湯ですすぐ。

ボディは弱めのシャワーで時間をかけて洗い流す。

仕上げとして、石鹸(洗顔料)で洗い流します。

クレンジングを使うと肌は乾燥しやすくなるので、保湿ケアも忘れないようにしましょう。

顔の日焼け止め落としを先に済ませておいて、お風呂でボディの日焼け止め落としをするの時間がなければ、同時にお風呂場で落としてください。

ダブル洗顔不要のクレンジングを使う場合は、石鹸(洗顔料)を使わなくてOKです。

すすぎは入念に!

日焼け止めの後処理まとめ

お肌を守るためには、「お湯で落とせるタイプ」の日焼け止めでも、「石鹸でオフできるタイプ」の日焼け止めでも、クレンジングを使って落としたほうが良い。

これがスキンケアからの考え方です。

クレンジングと石鹸(洗顔料)の両方を使って、しっかりと日焼け止めを洗い流しましょう。

ブログシェアのお願い
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その他の関連記事