お腹に力を入れる筋トレ効果とお腹に力を入れるカロリー消費は?

そもそも、お腹に力を入れているだけでも効果があるのだろうか?
と思い、それに伴うカロリー消費なども気になってきた私。

少しでもお腹を引っ込めたい!

という思いで書いてみました( `ー´)ノ

参考にしてみてくださいね^^






お腹に力を入れる筋トレ効果

お腹に力を入れる筋トレ効果は、腹直筋を鍛える、腹斜筋を
鍛える、腹横筋を鍛える、それぞれで違います。

— 腹直筋を鍛える場合

鍛えられていると、筋肉がきれいに6つに割れて見えて、
かっこいいと言われるシックスパック。

肋骨の中心のやや下から骨盤の恥骨部分まで、縦に伸びて
いる筋肉が腹直筋です。

腹直筋を鍛える代表的なトレーニングは、クランチです。

クランチは次のように行います。

(1)仰向けになります。
(2)膝を90度に曲げて足を立てます。
(3)両手は頭の後ろで組みます。
(4)息を吐きながら、ヘソを覗き込むように上体を起こします。
(5)腰が上がらないくらいに、ギリギリまで上体を起こします。
(6)戻す時は、肩甲骨がつかない程度まで体を倒します。
これで1回で、20回を1セットが目安です。

— 腹斜筋を鍛える場合

くびれを作りたい人は、腹斜筋を鍛えてください。

腹斜筋は、横腹にコルセットのように巻き付いて、体幹を安定
させたり、排便を助けたりする働きを担っています。

腹直筋を鍛える代表的なトレーニングは、バイシクルクランチです。

バイシクルクランチは次のように行います。

(1)仰向けになります。
(2)膝を90度に曲げて、軽く持ち上げていきます。
(3)頭の後ろに手を構え、少しだけ頭を浮かせます。
(4)左手の肘と右足の膝をくっつけるように動かします。
(5)元の状態に戻します。

この動作を左右20回ずつで1セットが目安です。

— 腹横筋を鍛える場合

腹横筋は、お腹の深層にあるインナーマッスルです。

内臓の位置を保ったり、咳や激しい呼吸を助けたり、排便・
分娩の補助をしたりする筋肉です。

腹横筋を鍛える代表的なトレーニングは、プランクです。

プランクは次のように行います。

(1)うつ伏せになります。
(2)腕を肩幅分広げて、軽く上半身を起こします。
(3)つま先で立ち、体を支えます。
(4)顔を前に向け、足から首筋まで一直にします。
この状態を30秒キープ。
(5)インターバル30秒
(6)再び一直線にして、45秒キープする(7)インターバル30秒
(8)最後に60秒間、同じ姿勢をキープします。
以上で1セットになります。

お腹に力を入れるカロリー消費

お腹に力を入れるカロリー消費を調べてみると、腹筋運動の
データーがでているものでは、体重52kgの女性で10分間の腹
筋運動をやったとして、64kcalというものがありました。

男性体重65kgの場合だと80kcalだそうです。
(10分間行った場合の仮定です)

お話しとしては、お腹をへこます「ドローイン」を歩きながら
行うと、普通に歩くときよりも「3倍」のカロリーが消費される
というのもありました。

イメージしてもらうために、運動別のカロリー消費を参考に
あげておきます。

— 15分間、掃除機をかける

* 50kg:33kcal
* 60kg:39kcal
* 70kg:46kcal

— 30分間、料理をする

* 50kg:66kcal
* 60kg:79kcal
* 70kg:92kcal

— 30分間、子どもと遊ぶ(立った状態)

* 50kg:74kcal
* 60kg:88kcal
* 70kg:103kcal

— 30分間、ジョギングする

* 50kg:123kcal
* 60kg:147kcal
* 70kg:172kcal

ちなみに、1か月(30日)で体重を1kg落とすためには、1日に
約240kcalの消費
が必要となります。

食べる量で比べると、お茶碗1杯のご飯(140g)(235kcal)
と同じくらいのカロリーです。

お腹に力を入れるカロリー消費は、体重を落とすということ
では期待はしないほうが良さそうですね。

まとめ

今回は、お腹に力を入れる筋トレ効果とお腹に力を入れる
カロリー消費についてお伝えしました。

お腹に力を入れる筋トレは、体重を落とすことよりも、ス
タイルを良くする、体を支えることに向いています。

鍛える時は、バランスよくトレーニングをしましょう。

一緒によく読まれている記事はこちら

[blogcard url=”https://reira01.com/3636.html”]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする





その他の関連記事