台風窓の水漏れタオル対処!布による窓枠からの雨漏り対策も!

台風窓の水漏れタオル対処法

毎年8月~10月は台風が多いシーズン。

台風による強風で窓ガラスが割れないかどうかも心配ですが、雨風が強い時には、窓枠から雨漏りする場合もあります。

今回は、台風による雨風で窓枠から雨漏りしないよう、タオルや布を使用した雨漏り対策についてお話したいと思います。






日常の疑問本文スタート

タオルや布による雨漏り対策

雨漏りが発生している部分に、タオル等を置いておけば、雨水を吸い取ってくれます。

吸水性の良い布や新聞紙なども代用可能です。

タオルや布がたっぷりと雨水を吸い取ったら、垂れる前に絞っておきます。

また、最近では吸水シートが市販されていますので、タオルや布よりも多く吸い取ってくれます。

〇楽天から吸水シートおすすめ

雨漏りが続く場合は専門業者に相談


タオルや布による対策は、あくまで応急処置ですので、雨風が強い都度、雨漏りする場合には専門の業者に相談された方がいいと思います。

とくに木造家屋の場合、雨が浸透して建物内部にも侵入してしまいます。

放置しておくと、骨組みが腐食したり、白アリが繁殖したりして、思わぬ修繕費用が発生する場合もあります。

雨がやんで、窓枠が乾燥した時にでも、大工さんなど専門の業者に相談してみましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、台風の雨風による窓枠の雨漏り対策についてお伝えしました。

  • タオルや布による雨漏り対策
  • 雨漏りが続く場合は専門業者に相談

早く過ぎ去ってくれることを祈るばかりですね><

読まれている日常の疑問
台風や大雨の災害時、特に被害が多いと思われる、窓・雨戸・車庫について、台風対策をまとめてみました。窓ガラスが割れた際の飛散防止対策、雨戸がない場合の対策や雨戸の騒音対策、車庫の台風対策など。また備えておくと良いものもピックアップしています。

ブログシェアのお願い
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その他の関連記事