美味しくないかぼちゃの煮物をリメイクして上手に食べる方法

今回は、美味しくないかぼちゃの煮物をリメイクして上手に
食べる方法をお伝えします。

「かぼちゃの素材としての水っぽさによって、煮物にしたら
美味しくなかった」という場合のリメイク対策です。

参考にしてみてくださいね^^







日常の疑問本文スタート

美味しくないかぼちゃの煮物をリメイク方法

それでは、かぼちゃの煮物を、クッキー、サラダ、スープ、
プリン、バニラアイスやトーストのトッピング、コロッケ、
グラタンにリメイクして食べる方法の例を紹介していきます。

かぼちゃの煮物をクッキーにするレシピ例

分量の目安
* かぼちゃの煮物 40g
* 薄力粉 50g
* 片栗粉 30g
* マーガリン 大さじ1
* 黒糖 大さじ1

(1)薄力粉と片栗粉をボールに入れて泡立て器などで混ぜる。
(2)次に、かぼちゃの煮物をつぶしてから混ぜる。
(3)黒糖を入れて、よくこねる。
(4)クッキー生地になったら棒状にしてラップに包む。
(5)冷蔵庫で冷やす。 (30分くらい)
(6)クッキーの生地を切り分ける。
(7)180度に予熱したオーブンで焼く。 (13分くらい)

かぼちゃの煮物をサラダにするレシピ例

分量の目安

* かぼちゃの煮物 200g
* マヨネーズ 大さじ1
* 塩 少々
* コショー 少々

(1)かぼちゃの煮物は、ペースト状にするか、
小さいサイコロ状にします。
(2)好きな分量でマヨネーズを和えます。
(3)塩コショーで味を整えます。

かぼちゃの煮物をサラダにして食べる場合は、レタスや
アボカドといっしょにしてもおいしいです。
アボカドをいっしょにする時は、塩コショーはないほうが
良い感じです。

かぼちゃの煮物をスープにするレシピ例

分量の目安

* かぼちゃの煮物 80g
* 牛乳 80cc
* 水 40cc

(1)かぼちゃの煮物、牛乳、水をミキサーにかける。
(2)鍋で温める。

お好みで、コンソメ、塩、コショーなどで味付けをします。


かぼちゃの煮物をプリンにするレシピ例

分量の目安

* かぼちゃの煮物 200g
* 牛乳 300cc
* 卵 2個

(1)かぼちゃの煮物、牛乳、卵をミキサーにかける。
(2)耐熱皿に入れて、電子レンジの茶碗蒸しモードで蒸す。

焼きプリンにする場合は、オーブンを使います。

かぼちゃの煮物をバニラアイスクリームのトッピングにする

これは、難しいレシピはありません。

かぼちゃの煮物をペースト状にして、バニラアイスクリームに
乗せ食べるという方法です。

かぼちゃの煮物をトーストのトッピングにする

こちらは、かぼちゃの煮物をペースト状にして、食パンに塗って、
マヨネーズ焼きやチーズ焼きにして食べるという方法です。

かぼちゃの煮物をコロッケにするレシピ例

(1)かぼちゃの煮物を耐熱皿に入れる。
(2)電子レンジで2分くらい加熱して、水分を飛ばす。
(3)水分を飛ばしたら、マッシャーで潰す。
(4)小さく切ったチーズを混ぜてひと口大に丸める。

あとは、コロッケとして揚げるだけです。

かぼちゃの煮物をグラタンにするレシピ例

分量の目安

* かぼちゃの煮物 6個ほど
* ベーコン 1枚
* 玉ねぎ 半分
* しめじ 1/4個
* 牛乳 150~200cc
* コンソメ 小さじ1
* 塩、コショー 少々
* 小麦粉 小さじ2

具の内容は、好きなものを選んでくださいね。
あとは、グラタン皿を使ってクッキング用チーズを乗せて
オーブンで焼くだけです。

まとめ

かぼちゃの煮物を、クッキー、サラダ、スープ、プリン、コロッケ、
グラタンにするリメイクレシピは、たくさんあります。

それぞれの家庭によって、さまざまな工夫があります。

水っぽくて、甘くない、かぼちゃは、濃い味付けにできるメニュー
にリメイクすると、美味しく食べることができますよ。

一緒によく読まれている記事はこちら

[blogcard url=”https://reira01.com/3366.html”]

ブログシェアのお願い
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その他の関連記事