傘の臭いは重曹で落とせる?原因や対策と気になる保管方法!

傘の臭い原因と対策

収納してあった傘から臭いがすることがあります。

生乾きの洗濯物のような悪臭です。

そこで重曹で傘の臭いがとれるんじゃないか?と気になっている方に、傘の臭いを消すをテーマにしながら、原因や対策・保管方法・普段の手入れなどについてもお伝えします。

傘の臭いがしてきたから洗いたいな。 と思っても、やり方など間違ってしまって使えなくなると、せっかくきれいになっても意味ないですよね。 そ...




傘の臭いは重曹で落とせる!?

[ad_NEWS]
傘の臭いは重曹で落とせる!?

重曹を使う場合は、つけ置き洗いになります。

ですから、重曹での臭い消しは「折りたたみ傘」向きです。

手順は以下のようになります。

(1)水1Lに対し大さじ1程度の重曹を溶かす

(2)2時間ほど「折りたたみ傘」をつけ置き。

(3)シャワー(または流水)で洗い流す。

(4)乾いたタオルで水分を拭き取る。

(5)陰干し。

折りたたみ傘以外の臭いの取り方は、次の「臭いの取り方(消し方)長い柄の傘の場合」「傘の普段の手入れ」を参考にしてください。

臭いの取り方(消し方)長い柄の傘の場合

長いタイプの傘の臭いの取り方は、「おしゃれ着用洗剤(液体) + スポンジ」がおすすめ。

特にお気に入りデザインの傘は、汚れや雨ジミを残らないようにしましょう。

液体洗剤は原液を使うのはもったいないので、適度に水で薄めてOKです。

傘の臭いがひどい場合は液体洗剤を多めにする配合で。

傘の臭いがひどくない場合は液体洗剤を少なめに配合。

薄めた液体洗剤をスポンジに染み込ませて、傘の表と裏について汚れを落としていきましょう。

水で洗い流したあとは、よく乾拭きしてくださいね。

最後に陰干しをしたら、傘の臭い取りは完了。

高級な傘の手入れは、クリーニング店に相談する手もありますよ。

傘の臭いの原因や対策について

傘の臭いの原因は、水気を残したことによるカビや雑菌の繁殖です。

したがって傘の臭いの対策は、傘に水気を残さないことに限ります。

傘の水切りの仕方は?

斜め下に傘を向けて、軽く開いたり閉じたりしながら水滴を払うのが望ましいです。

できれば傘は乾いたタオルで拭いて、陰干しをしましょう。

力強く振って水切りをすると、傘骨がゆがんでしまう心配があります。

そして、私はよくやってしまいますが、地面にトントンとして水切りをするのも、クルクル回して水を切るのも、傘にとってはよくありません。

傘のハンドルやシャフトには、衝撃を与えないようにしましょう。

臭いをつけない保管方法

傘に臭いをつけない保管方法の基本は、濡れたまま収納しないことです。

生乾きでしまい込むのもダメ。

雑菌が繁殖することによって、嫌な臭いが発生するのを防止するためには、

しっかり干してから傘を収納しましょう。

はっ水効果が高い生地の傘であれば、玄関先に15~30分ほど開いておくだけで十分です。

梅雨の時期など雨の日が多い季節は、数本の傘をローテーションすることで、傘を乾かす時間を取ることができます。

傘に臭いをつけない保管方法の効果をアップするためには、2本~3本の傘を使いまわしをしましょう。

普段の手入れ

傘の普段の手入れは、水洗いでOK。

シャワーの温水が使えるなら、バスルームで傘を広げて洗い流しましょう。

ホコリがかぶっている状態になっている場合は、はじめに、やわらかい毛のブラシまたは乾拭きで落としておいてください。

傘の汚れがひどい場合は、スポンジに薄めた液体洗剤を染み込ませて、やさしくみがいて落としてください。

水または温水で洗い流したあとは、よく乾拭きをしましょう。

陰干しをしたら、傘の普段の手入れは完了。

撥水(はっすい)スプレーは、高級品の傘には使わないほうが良いです。

変色するなどの恐れがあります。

高級な傘の手入れは、クリーニング店に相談する手もありますよ。
[ad_NEWS]

まとめ

傘の臭いを落とすのに重曹を使う場合は、つけ置き洗いになります。

ですから、重曹での臭い消しは「折りたたみ傘」向きです。

「長いタイプの傘」の臭いの取り方は、おしゃれ着用洗剤(液体)を水で薄めたものをスポンジに染み込ませて、傘の汚れとともに洗い流すことをおすすめします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする





その他の関連記事