桜餅の葉っぱの名前はある?包む理由や食べても大丈夫なのかを紹介!

桜餅を葉っぱで包む理由

桜餅は、その名前から「ひな祭り」や「お花見」の時期に、イチオシで販売されることがあります。

よく話題になるのは、「葉っぱ」。

「葉っぱの名前と種類」「包む理由」「食べるか食べないか」これらについて、今回は正解を探してみました。

「葉っぱの名前と種類」と「包む理由」も、「食べるものなのか、食べないものなのか」の話につながります。

調べてみると、和菓子屋さんの見解やお茶の作法、昔の人たちの考えにも行き着きました。

どうぞ、ご覧ください。






日常の疑問本文スタート

桜餅の葉っぱの名前はある?

関東と関西では、桜餅の形状が違います。

「長命寺(餅)」と呼ばれる関東系の桜餅は生地が薄く、クレープのように「あん」を包んでいます。

「道明寺(餅)」と呼ばれる関西系のものは餅がつぶつぶとしていて、「あん」を中に入れて丸めた形です。

このように、桜餅には名前があります。

「葉っぱ」には名前があるかを調べてみると、手作りできるように販売されている「商品」がありました。

よく見かけるのは、「桜葉漬け」「桜葉塩漬け」「さくら葉」など。

和菓子の業界では、桜餅の葉っぱの名前をどのように呼んでいるのか?

こちらは、統一されている様子はありません。

「桜の葉」で良いようです。

葉っぱの名前や種類は?

桜餅に使われている「葉っぱ」は何の葉っぱ?

ということで調べてみると、桜の品種は「大島桜(オオシマザクラ)」とのこことでした。

大島桜は、日本に10種あるサクラ属基本野生種のうちの一つです。

理由は明確ではありませんが、「ソメイヨシノ」よりも葉が大きい、葉が柔らかい、葉っぱの香りが餅の邪魔をしない、葉は裏も表も無毛というのが適しているのだと思われます。

桜餅を葉っぱで包む理由

桜餅を葉っぱで包む理由は、「桜の香り付け」「保湿効果」を狙ったものとされています。

塩漬けにすることによって、葉っぱの緑色が濃くして桜独特の香りを強くするのです。

大島桜の葉で包むことによって、「桜餅」という名前にふさわしい香り付けになるわけです。

桜餅はしっとりしていますよね。

ゴマや粉をまぶしているわけでもありません。

保湿効果は、葉っぱで包むことで「餅の表面」の乾きを防ぐということです。

他にも、「昔はこうだった!」という話がありました。

昔は、包装紙の代用として葉っぱを使っていた。

餅を手に持ちやすくするためだった。

並べるときに、隣の餅とくっつくのを防いでいた。

葉っぱは食べていい?

桜餅の葉っぱは、「食べても問題ありません」というのが答えになります。

口にして体内に入っても、健康に悪いものは含まれていないし、使われていないということです。

一般的な考え方は、さまざま。

「葉っぱもいっしょに食べるのが江戸っ子」という考え方。

同じような感覚で、「葉っぱもいっしょに食べるようになれば大人になった証拠」というのがあります。

長命寺桜もち製桜餅の葉っぱは3枚ついているので、「1枚だけ食べる」という風情みたいな話もあるようです。

和菓子屋さんの多くは、葉っぱを外して食べることをすすめていらっしゃいます。

「桜餅」の味をそのまま味わってください」という理由からです。

ネットで拾った情報では、2019年4月9日『となりのテレ金ちゃん(テレビ金沢)』の「桜餅の葉っぱは食べるのか」という放送の中で、食べないほうが良い」という見解があったそうです。

「全国和菓子協会」の「外したほうが本来のお菓子の味を感じられるため」というコメントがあったとのこと。

「桜餅の葉っぱを食べないこと」を子供扱いされるのは、理屈としては不自然ということになりますね。

「食べないともったいない」というのも、押し付けるほどのことでもないのでしょう。

ちなみに、塩漬けされた桜の葉と、甘い桜餅の味わいのバランスがおいしいという人もいます。

お茶の作法は?

お茶の作法では、「お菓子を『黒文字楊枝』で切り分けて半分ずつ食べる」というのが基本になっています。

桜餅の場合は、葉っぱを下に敷いて桜餅を乗せた状態で切り分けるようです。

作法としては葉っぱをベロッとはずすのではなく、上になる部分を折り返して、下に二重になるようにするそうです。

桜餅とお茶をいただいあとは、残った葉っぱを懐紙に包んで持ち帰ります。

まとめ

桜餅の葉っぱは、「桜葉漬け」「桜葉塩漬け」「さくら葉」などの名前で販売されています。

使われているのは、大島桜の葉。

葉っぱを食べるか食べないかについては、お茶の作法では「食べない」となるようです。

ブログシェアのお願い
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その他の関連記事