じゃがいも掘りの時期はいつ?収穫時期の北海道と九州の違いについて

今回のテーマは、じゃがいも掘りの時期です。

じゃがいもは、今はもう一年中スーパーなどで
売られているのを見かけますよね。

そこで気になったのは、じゃがいも掘りの時期です。

いつ出かければ良いのか?ということです。

このページでは、「じゃがいも掘りの時期はいつ?」

「じゃがいもの収穫時期・北海道の場合」

「じゃがいもの収穫時期・九州の場合」の順番で
お伝えしていきます。






じゃがいも掘りの時期はいつ?

じゃがいも掘りの時期はいつなのかを調べるために、
旅行会社がサイトをいくつかチェエックしてみました。

すると、じゃがいも掘り、じゃがいも狩り、農家体験
などの企画を見ると、5月下旬~6月上旬、7月~8月、
8月中旬~10月上旬、11月~12月
と様々でした。

じゃがいも掘りの時期は、地域やじゃがいもの品種に
もよっても違うようです。そこで今度は、じゃがいもの
植え付け時期と収穫時期をリサーチしてみました。

— じゃがいもの植え付け時期による違い

じゃがいもの植え付け時期による違いを見てみると、
「春じゃがいも」と「秋じゃがいも」で大きな違いが
あることがわかりました。

* 「春じゃがいも」の植え付け時期と収穫時期

植え付け時期:2月~4月中旬
収穫時期:5月~6月
春じゃがいもに向いている品種:男爵、メークイン、
とうや、インカのめざめ、キタアカリなど。

* 「秋じゃがいも」の植え付け時期と収穫時期

植え付け時期:8月のお盆あたり~9月中旬
収穫時期:11月~12月中旬
に向いている品種:ニシユタカ、デジマ、アンデス
レッドなど。

普段よく見るじゃがいもの品種も覚えるようになると、
じゃがいも掘りに出かけて良かったとなりそうです。

地元の農家体験などに出かける時は、じゃがいもの
品種もチェックしてみてください。


じゃがいもの収穫時期・北海道の場合

じゃがいもイコール北海道というイメージがありますよね。

今度は、じゃがいもの収穫時期について北海道の様子を
調べてみました。

北海道の春植えのじゃがいもの収穫時期は、7月~10月の間です。

通常の5月~6月と比べると、かなり遅いですね。
ちょっと驚きました。

さらに意外だったのは、収穫したあと春まで貯蔵することで
「甘み」が増すということです。
「越冬じゃがいも」とも言うんだそうです。

北海道の農家さんの保存方法によっては、半年近くになって
からでも、じゃがいもはおいしく食べることができるという
ことですよね。

もちろん、収穫してすぐに食べることができるとのことです。

じゃがいもの収穫時期・九州の場合

九州は、北海道と比べて気候は真逆という感じがしますよね。

そこで九州でも、じゃがいもを作っているのかなぁと思った
わけです。

またまた驚きました。

じゃがいもの生産量は、九州の鹿児島県が3位、長崎県が
2位なんですよ。

%は、かなりの差がありますけどね。

北海道の冬は雪に覆われるので、秋に収穫して貯蔵した
じゃがいもを春に出荷しています。

先ほどの「越冬じゃがいも」などがそうです。

そういう北海道に比べて、鹿児島県のじゃがいもは掘れた
ばかりの新じゃがいもを1月から出荷できるそうです。

気候の違いによるお話の典型ですね。鹿児島県長島町では
赤土で育てられます。

長崎県のじゃがいもの収穫については、生産量2位という
こともあって様々なデータがありました。

鹿児島県と同じように、1月からの出荷ができる強みが
あります。

長崎県のじゃがいもの収穫時期別の様子を見てみると、
次のようになっていました。

* 11月下旬~12月下旬の収穫
品種:ニシユタカ
* 1月上旬~2月中旬の収穫
品種:ニシユタカ、メークイン
* 3月上旬~4月下旬の収穫
品種:デジマ
* 4月上旬~5月下旬の収穫
品種:ニシユタカ
* 5月上旬~6月中旬の収穫
品種:ニシユタカ、メークイン

まとめ

子供たちを土に触れさせたいということで、農家の
体験イベントに出かける家族の姿は和やかですよね。

今回は、「じゃがいも掘りの時期はいつ?収穫時期の
九州と北海道の違いについて」ということで、じゃが
いものお話をお伝えしました。

季節ごとに様々な品種が作られていることが印象的でした。

また、一年中じゃがいもを手にすることができるのも
納得できました^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする





その他の関連記事