使い捨てマスクの洗い方や干し方は?何回ぐらい再利用できるの?

使い捨てマスクの洗い方や干し方

今回のお話は、使い捨てマスクの洗い方やその後の干し方・何回ぐらい再利用できるか?です。

通常は1回使用したら、ほとんどの人が捨てます。

しかし被災も含めて緊急のときは、マスクを手に入れることができない状況もあり、不織布のマスクも何回かは洗って使いたいと考えるところです。

なかには、なんとか複数回使えるように、ティッシュやキッチンペーパーをはさんで、マスクを装着するという人もいます。

このページでは、新型コロナウイルスが広まったことのように、緊急対応としてのお話をまとめした。

どうぞ、ご覧ください。

マスクを手作りする人が増えています。 しかし、材料も手に入らないほどの状況。 そこで、使い捨てマスクのゴムの再利用できるのか?というのが...




使い捨てマスクの洗い方!

使い捨てマスクのパッケージには、「衛生面から1日1枚のご使用をおすすめします」とう注意書きがあります。
基本的には、1回使ったら交換するのが望ましいです。

しかし、マスク不足の時などは何回か使いたいという方も多いですよね。

そして気になるのが、「不織布のマスクは水につけて洗うことは可能?」という問題ですが、洗ってとかって大丈夫です^^

注意したいのは、洗濯機と乾燥機は使わないこと

不織布のという素材を考えると、洗濯機で洗ったり乾燥機で乾かしたりすると、「グシャグシャ」になってしまいますよね。

というわけで、使い捨てマスクの洗い方は「つけ置き洗い」がベスト。

口紅や化粧品がついたマスク、何らかの汚れが付着したマスクについては、今回の話では省略します。

洗剤は何を使うか?

もっとも気になるは除菌ですよね。

しかし、新型コロナウイルスのような特殊なものに効果があるか?ということではありません。

そもそも新型コロナウイルスが付着したのであるなら、適切な処分をするべきでしょう。

ですから、自分が使ったマスクを消毒するという意味での除菌になると思います。

そこでもう1つ、「私は大丈夫」「私は大丈夫ではない」という個人差(我慢の度合い)の話も抜きにします。

どのような洗い方あるいは除菌方法があるのか?

口につけるマスクなので、ファブリーズやリセッシュというわけにはいかないでしょう。

スプレーで除菌したい人は、マスク用の除菌スプレーをお使いください。

商品は、さまざまなメーカーから販売されていますよ。

煮沸消毒で十分かどうか?

ちょっと抵抗がありませんか?

何らかの洗剤は使いたいですよね。

塩素系漂白剤または酸素系漂白剤を薄めて使っている人もいます。

これは強い殺菌を望む人です。

つけ置きしたあと、洗い流すのが若干たいへんそうです。

あと、しまっておいた使い捨てマスクが出てきた!…けど使っても大丈夫かな?と不安な方はこちらもチェックしてみてくださいね^^

使い捨てマスクの保存期限ってあるんでしょうか? 未開封の状態であった場合、使い捨てマスクはいつまで「機能」を果たしてくれるのか。 有効期...

使い捨てマスクを洗って干す場合の注意点!

ワイヤー(金属)がついているマスクには漂白剤は使うのはNGです。

おすすめしたいのは、最新の液体洗剤!

近ごろの液体洗剤は進化していて、除菌や抗菌成分が含まれているタイプがありますよね。

アリエールやアタックゼロなど液体洗剤を使ってのつけ置き洗いであれば、ひとまずの安心は確保できるでしょう。

繰り返しになりますが、新型コロナウイルスのような特殊なものに効果があるということではありません。

自分が使ったマスクを洗濯するという意味での除菌です。

マスクは、やさしくもみ洗いをして、10分ほどつけ置き洗い

つけ置きしたあとは、流水ですすいでください。

絞ると使い捨てマスクは形が崩れるので、清潔なタオルに挟んでドライ。

干すときは、部屋干しが良いでしょう。

新型コロナウイルスが拡散されている時期のように、外気にさらすのは抵抗があるなら、洗ったマスクは部屋の中で干すのが妥当です。

ハンガーの洗濯バサミも気になるなら、エタノール消毒液をスプレーしてください。

使い捨てマスクは何回ぐらい使える?

何回まで洗って使えるかは、3回~4回が限度ではないでしょうか。

使い捨てマスクの形が崩れない限りは、何度か使ってみてください。

干したあとは 抗菌化スプレー!

洗濯で除菌したあとは、マスク用の抗菌化スプレーをお使いください。

「念には念を入れる」ということで!

まとめ

使い捨てマスクの洗い方は、おすすめしたいのは、最新の液体洗剤でのつけ置き洗いをおすすめします。

除菌や抗菌成分が含まれているタイプの液体洗剤であれば、ひとまずの安心は確保できるでしょう。

新型コロナウイルスのような特殊の対策としては何とも言えませんが、貴重な「使い捨てマスク」を何度か使うということでは、洗ってみる価値はあるのではないでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする





その他の関連記事