使い捨てマスクのゴムは再利用はできる?ノーズワイヤーも使える!?

使い捨てマスクのゴム再利用

マスクを手作りする人が増えています。

しかし、材料も手に入らないほどの状況。

そこで、使い捨てマスクのゴムの再利用できるのか?というのが気になっている方もいるのではないでしょうか?

今回は、使い捨てマスクのゴムの再利用について、できる限りの情報を集めてみました。

そして、ノイズワイヤーも再利用できます!

どうぞ、ご覧ください。

今回のお話は、使い捨てマスクの洗い方やその後の干し方・何回ぐらい再利用できるか?です。 通常は1回使用したら、ほとんどの人が捨てます。 ...




使い捨てマスクのゴムだけの再利用について!

ゴムの再利用する場合についても、念のために消毒してからお使いください。

使い捨てマスクのゴムだけの再利用(1)

使い捨てマスクからゴムを切り取るとき、使い捨てマスクの余白の部分とつなげたまま、カットすれば、ゴムは輪になっている状態で再利用できます。

マスクの端から1cmくらいをカット、ゴムがついているまま切り取ってください。

それを布の仮マスクに左右につけます。

布の両端を折り込んで、布のほうを縫い付けて固定してください。

これがもっともよく見かける使い捨てマスクゴムの再利用法です。

使い捨てマスクのゴムだけの再利用(2)

使い捨てマスクのゴムを再利用して、別のマスクを作ります。

使い捨てマスクのゴムを再利用するときは、使い捨てマスクから切り取ります。

すると、左右の1本ずつ。

これをつなげて、1つの輪にします。

左右の1本ずつを結びつけてください。

もう1組、同じように輪を作ります。

ペーパーナプキンを使ってマスクにする場合は、ペーパーナプキンをマスクの口に当てる部分のように折込(プリーツ)を入れます。

折り込んで形を作ったペーパーナプキンの両端の左右に、先ほどの「ゴム」の2組をそれぞれ、挟み込みます。

ペーパーナプキンの両端を内側に折り込んで、「ゴム」の2組をそれぞれ、固定するイメージ。

ガーゼがあるなら、両端を内側に折り込んだところに、あてがってください。

この状態で耳にゴムの部分をかけて、臨時のマスクとして使ってみてください。

「のり」や「テープ」で固定する必要はありません。

ほんの少しのお出かけをするときに、マナー対策のマスクとしてはギリギリ使えると思います。

辻希美さんが手作りしたマスク

使い捨てマスクのゴムだけの再利用(3)

元モーニング娘。の辻希美さんが手作りマスクを大量に作っていました。

それを整理してみますね。

柄の布とガーゼ布を採寸して、カット。

サイズは以下の通り。

表側になる布:17㎝ × 20㎝

口側になるガーゼ生地部分:17㎝ × 20㎝

辻希美さんは、これで作っています。

皆さんは、お子さん用やご主人用など、微調整してくださいね。

使い捨てマスクのサイズを型紙のようにして参考にすれば、ちょうどいい感じになると思います。

さて、ノーズワイヤー部分

辻希美さんはハサミを使って、使い捨てマスクから取り出しています。

これを鼻に当てる部分に再利用。

手作りマスクもフィットさせるためです。

布マスクに立体感ができていました!

使い捨てマスクのゴムも、ミシンを使って上手に縫い込んであります。

引っ張っても取れないほどに、しっかりと固定されていました!

辻希美さんふうのマスクの作り方について、詳細は辻希美さんの辻ちゃんネルをご覧ください。

使い捨てマスクのゴムだけの再利用(4)

マスク部分も、そのまま再利用する方法もありました。

そのまま布に差し込むようにして、ノーズワイヤーも活かすような感じ。

こちら動画をご覧ください。

『使い捨てマスクを挟んで使えるガーゼマスクの作り方』

手作りマスクの洗濯情報

丈夫に作ることができたマスクなら、ミニサイズの洗濯ネットで洗えます!

ダイソーやセリア、キャンドゥなどで、超ミニサイズの洗濯ネットを買ってきましょう。

まとめ

使い捨てマスクのゴムとノイズワイヤーは再利用できます!

その部分を切り取って、手作り布マスクの材料にしてください。

辻希美さんの再利用方法は、とても参考になります。

サイズや布選びをアレンジすれば、自分や家族にフィットするマスクが作れるはずです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする





その他の関連記事