ネギ栽培を室内で?水耕栽培にペットボトル?スーパーよりお得な栽培

ネギの栽培を室内でできると聞いて、きっと密かに興味を
持った人もいらっしゃいますよね。

さらにネギは水だけで簡単に育つと聞けば、一度はやって
みたくなる気持ちも強くなったことでしょう。

以前は、ちょっとした節約や面白半分の気持ちでやってみる
人が多かったのに、ネギの再生も今ではガーデニングとして
趣味の一つとして注目されるようになりました。

このページでは、ネギの栽培を室内で行うことについて、
水耕栽培でペットボトルを使う方法についてお伝えして
いきます。

スーパーの値引き品を買うよりも再生栽培のほうが節約に
なるかもしれませんよ!







日常の疑問本文スタート

ネギの栽培を室内で?

ネギの栽培は、室内で行うことができます。

とは言っても、大量に収穫できるものではありません。

買ってきたネギを使ったあと、もう一度育てて使える
ようにするというものです。

呼び名もいろいろあって、再生ガーデニングとか節約
ガーデニング、キッチンガーデニングなどと言って
楽しんでいらっしゃる方も増えています。

ネギ以外にも、再生できる野菜はあるようです。

調べてみたら、豆苗、小松菜、水菜、ミツバ、大根、人参、
キャベツ、白菜などの再生にチャレンジしている様子が
ありました。

ある人のコメントによると、上手に再生できるようになると、
野菜の値段が高くなった時なんかは、ちょっとうれしくなるん
だそうです。

調べてみた印象では、ネギの栽培を室内で行う人が多いのは
再生ガーデニングの中でも手軽にできるというのが一番の
理由だと思われます。

ネギが再生するところを見て、ネギの生命力の強さに魅力を
感じる人も多くいらっしゃいます。

ネギの再生、水耕栽培をペットボトルで!

ネギの再生は、水耕栽培でできます。

しかも、ペットボトルを使って手軽に! ここでは、
ネギの水耕栽培をペットボトルで行う方法の手順を
お伝えしていきます。

手順 1
ペットボトルの準備。底から8cmくらいの高さで切ります。 

手順 2
再生させるネギの準備。根っこから5cmを残したもの。
小ネギなら、10本くらいまで。

手順 3
ネギを輪ゴムでまとめます。

手順 4
ペットボトルにネギを入れます。

手順 5
水は、ネギの根っこが浸るくらいまで入れます。

手順 6
置く場所は、なるべく日光が当たるところ。

手順 7
水は、毎日交換します。

手順 8
水を交換する時に、ネギの根っこのぬめりを洗い流して
おきましょう。
根腐れをさせないようにするためです。

手順 9
あとは、成長を待つだけです。

参考までに、1週間で4倍~5倍になっている様子がありました。
時期は、5月です。

最長記録はどれくらいだろうと思って、20人のブログを
チェックしてみました。
確認できた中では、1番長くなっていたネギは1週間で30cmでした。

スーパーの値引き品よりも再生栽培のほうが節約に?

ネギやその他の野菜を再生栽培することを節約ガーデニングとも
呼ぶように、スーパーで値引き品の新鮮さがなくなったものを
買うよりも節約になるかもしれませんね。

地域によって差もありますが、小ネギ1束120円、長ネギ1本80円
くらいです。

これが天候の状態が悪くて収穫量が少ない場合などは、価格が
高騰して2倍~3倍になります。

野菜の再生栽培は、キッチンガーデニングとして楽しみながら、
家計の節約にも役立てることもできます。

まずはネギから、再生ガーデニング、節約ガーデニングを
始めてみてはいかがでしょうか。

まとめ

ネギの栽培は、室内で行うことができます。

調べてみると、水耕栽培でペットボトルを使って、
1週間で30cmになったネギの様子もありました。

このように、ネギの他、野菜を再生栽培することは、
キッチンガーデニング、再生ガーデニング、節約
ガーデニングと呼ばれるようにもなっています。

手軽な趣味の感覚で、水とペットボトルだけでできる
ネギの再生栽培からやってみてはいかがでしょうか?

上手に家計の節約にも役立てることができればいいですね。

一緒によく読まれている記事はこちら

[blogcard url=”https://reira01.com/3073.html”]

ブログシェアのお願い
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その他の関連記事