おからハンバーグのパサパサ復活できる?しっとりおいしく作るコツ!

おからハンバーグのパサパサ復活

カロリーオフな「おからハンバーグ」を作ってみたら、パサパサしたできあがりになってしまった場合、何とか復活させたいものです。

今回は、「おからハンバーグがパサパサになったら復活できる?」

ということで、失敗作をおいしく食べる方法についてお伝えします。

読まれている日常の疑問
張り切って手作りしても、ジューシーなハンバーグにならなくてガッカリするばかり。 中まで火が通っているかが心配でついつい焼きすぎてしまうと、...






日常の疑問本文スタート

おからハンバーグのパサパサ!しっとり復活できる?

パサパサになった「おからハンバーグ」は、しっとりハンバーグに復活させるのはむずかしいです。

リメイクする方法としては、「がんもどき」「煮込みハンバーグ」「お好み焼き」に変身させる手があります。

◎「がんもどき」の作り方

すでに「おからハンバーグ」に入っている具を生かして、「がんもどき」を作ります。

すでに使っている具の中に、ひじき、にんじん、しいたけ、大葉などがなければ、新たに具として加えてください。

「がんもどき」にリメイクするためにプラスするのは、木綿豆腐、卵、山芋です。

作り方の手順

(手順1)豆腐の水切り

* バットの上にキッチンペーパー3枚を敷く。

* 豆腐を並べた上にキッチンペーパー3枚をかぶせる。

* さらに上にバットをのせる。

* 重しをのせて、4時間~5時間ほど待つ。(夏は冷蔵庫の中で)

* 目安は、豆腐が片手でつかんでも崩れなくなるまで。

重しには、水入れたボウルなどを使ってください。

(手順2)豆腐の裏ごし

裏ごし器でこすか、フードプロセッサーにかけてください。

「おからハンバーグ」もつぶしておきましょう。

(手順3)生地を作って成形する

* 裏ごしをした豆腐に、すりおろした山芋と溶き玉子を加える。

* おからハンバーグを混ぜ合わせて、生地にする。

* 塩と砂糖を加える。

がんもどきの形を作るときは、手にサラダ油をつけて丸めてください。揚げたときに仕上がりがキレイになるので、ちょっとした工夫としておすすめです。

◎「おからハンバーグ」を煮込みハンバーグにする方法

1つは、じゃがいも、にんじん、きのこ類などをトマトソースで煮込むパターン。

もう1つは、和風スープ。

白だしをベースにして、白菜やきのこ類といっしょにください。

スープの「とろみ」には、片栗粉を使うと食べやすくなります。

◎「おからハンバーグ」を「お好み焼き」」の具にする方法

おからハンバーグを崩してしまって、 お好み焼きの具として使ってみてください。

「おからハンバーグ」のパサパサになる原因は?

「おからハンバーグ」のパサパサになる原因は、おからの水分不足です。

ひき肉と混ぜ合わせる前に、おからに水分を吸わせる手順が十分ではないことが考えられます。

おからに、「お湯で溶いた顆粒だし」を合わせることで、しっとりとしたハンバーグのたねを作ることが可能です。

水分を吸わせるには、牛乳を使う方法もあります。

こねるときに、ひき肉の脂を溶かしてしまうのもパサパサの原因になるので、これも要注意です。

ひき肉とおからを混ぜ合わせたあと、冷蔵庫で30分ほど冷やしてから、こねてみてください。

おからハンバーグをおいしく作るコツは?

ジューシーにするには、ひき肉の脂を溶かしてしまうのもパサパサの原因になるので、熱に注意。

ひき肉と塩を先に混ぜておくことで、ひき肉の脂を溶けにくくなります。

玉ネギを炒める間に、ひき肉と塩を先に混ぜものは冷蔵庫に入れておきましょう。

玉ネギのみじん切りを炒めたあとは、粗熱を取ります。

おからに「お湯で溶いた顆粒だし」を吸わせたあとは、十分に冷ましましょう。

冷たい牛乳を使うほうが時短になります。

冷たくなっている「ひき肉」と、冷ました「おから」、粗熱を取った「玉べギ」に、胡椒、すりおろした山芋、卵を混ぜます。

マヨネーズを加えるなら、このタイミングです。

手が温かくなっているときは、手を水で洗ってから、ハンバーグの形作りをします。

片面を焼いたら、ひっくり返して、水を足して蒸し焼き。

焼き上がったら、そのままフライパンに、醤油、みりん、砂糖、酢を投入。

煮込めたら、大根おろしを加えて和風ソースのおからハンバーグのできあがりです。

まとめ

パサパサになった「おからハンバーグ」は、「がんもどき」「煮込みハンバーグ」「お好み焼き」などにリメイクしてみてください。

ブログシェアのお願い
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その他の関連記事