インスタントコーヒーに添加物は入っている?酸化する?健康への影響

インスタントコーヒー健康への影響

「コーヒーは体に悪い」というイメージが定着していました。

でも近ごろは「コーヒーは体に良い」という研究発表みたいなものもあります。

気になるのは、インスタントコーヒー。

コーヒー豆で飲むコーヒーとは違って、インスタントと呼ばれるくらいですから、人によっては、添加物が入っているかもしれないと思うわけです。

今回のテーマは、「インスタントコーヒーの添加物」と「インスタントコーヒーの酸化」です。

インスタントコーヒーは体に悪いのかどうか、インスタントコーヒーの酸化とはどのようなことか、健康への影響が気になっている人はどうぞご覧ください。





インスタントコーヒーに添加物は入っている?


インスタントコーヒーには、フリーズドライ、スプレードライ、アグロマートがあります。

インスタントコーヒー以外すべてのコーヒーは、和製英語でレギュラーコーヒーと呼ばれます。

これは、インスタントコーヒーと区別するために作られた名称であるとのこと。

ドリップ、 サイフォン、コーヒープレス、コーヒーメーカー、 エスプレッソマシンなどが使われます

健康に気を使うようになると、気持ちばかりではなく身体のほうも添加物には敏感になります。

自然由来のものだけを口にする生活をしていると、たまに加工食品を食べたとき、唇やまぶたが腫れぼったくなることがあるくらいです。

全日本コーヒー協会では、コーヒーは自然飲料であるとしています。


引用

レギュラーもインスタントもコーヒーには保存料や香料・添加物・着色料は入っていません。レギュラーコーヒーもインスタントコーヒーも、100%コーヒー豆そのものからつくられています。

インスタントコーヒーの原材料表示を見ると、「コーヒー豆」と「生豆生産国」しか書かれていません。

ブレンドされている場合は、原材料に使用されたコーヒー豆と生産国名は、ブレンド比率の多い順に表示されているそうです。

◎ スティックコーヒーには注意!

スティックコーヒーには、砂糖やミルクなどが入っている商品があります。

何らかの味付けがされているスティックコーヒーは、添加物が多く使われていると考えられます心配な人は、原材料の表示をチェックしてください。

◎ 添加物の表示について

使用されている食品添加物は、原則として「物質名」で記載することになっています。

ただし、一般に広く知られている名称のある添加物の場合には、物質名の代わりに「簡略名」「類別名」での記載も可能です。

例「L-アスコルビン酸ナトリウム」→「ビタミンC」

物質名に加えて用途名の記載も必要!

例「着色料(クチナシ色素)」

用途名には、「甘味料、着色料、保存料、糊料(増粘剤、安定剤、ゲル化剤)、酸化防止剤、発色剤、漂白剤、防かび剤」があります。

その他、加工食品(添加物)の詳細を知りたい人は、東京都福祉保健局の「食品衛生の窓」のページをご覧ください。

感覚として、コーヒー好きの人は「胃が痛む」「胃がもたれる」あるいは「カフェインで眠れない」という経験は少ないようです。

でも、缶コーヒーだけは飲むと気分が悪くなると言う人もいらっしゃいます。

私も缶コーヒーは飲むとぐわいが悪くなるので、コーヒーは好きですがあまり飲みません。

こちらは、添加物(防腐剤)が入っているからなのかもしれません。

どちらにしても、コーヒー豆のせいで調子が悪くなるという話ではないようです。

ただ天然由来にこだわるなら、砂糖やミルクも天然由来のものに必要がありますね。

インスタントコーヒーの酸化

コーヒーに限らず、酸化した食品は酸っぱくなり、やがて腐ってしまいます。

健康に良くないのは明らかです。

コーヒーの場合は、さらにコーヒーの香りが失われます。

味も落ちてまずくなります。

AGF®コーヒーの公式ページにある「保存方法」を見ると、レギュラーコーヒーの「開封後の保存方法は?」のところに、「酸化しやすいので、密閉して保存します。」とあります。

「インスタントコーヒーの保存は?」のほうでは、「湿気」についての注意だけになっています。

しかし、インスタントコーヒーの酸化しないということではなさそうです。

「フリーズドライ」について調べてみると、あらゆる食品企業のページで、フリーズドライ食品の品質を劣化させるのは、「吸湿」と「酸化」であることを説明されていました。

「酸化」だけを確認すると、以下のようにまとめることができます。

酸化により、栄養成分、色、香味が変化する。

成分が酸化により別の物質となる。

場合によっては健康に害をもたらす。

このような状態になるまで、インスタントコーヒーを放置した経験がないので、何とも言えないところです。

飲んでみて、いつものコーヒーの味がしない場合は、酸化しているのかもしれません。

まとめ

インスタントコーヒーに添加物は入っていません。

ただし、砂糖やミルクを含むスティックコーヒーには、添加物が入っていることが考えらます。

原材料の表示を確認してください。

酸化することについては、インスタントコーヒーも可能性はあります。

いつものコーヒーの味がしない場合は、酸化しているのかもしれません。

開封後は、早めに飲み切ったほうが良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする





その他の関連記事