固いハンバーグをリメイクする方法は?手作りで失敗しない6つのコツ!

固いハンバーグのリメイク

張り切って手作りしても、ジューシーなハンバーグにならなくてガッカリするばかり。

中まで火が通っているかが心配でついつい焼きすぎてしまうと、固いハンバーグになります。

今回の話題は、失敗しやすい手作りハンバーグ。

うまくできなかったときに固いハンバーグをリメイクする方法は?

失敗しないためのコツは?についてお伝えします。

いっしょに、ハンバーグの作り方のコツを勉強しましょう。

読まれている日常の疑問
カロリーオフな「おからハンバーグ」を作ってみたら、パサパサしたできあがりになってしまった場合、何とか復活させたいものです。 今回は、「おか...






日常の疑問本文スタート

固いハンバーグをリメイクする方法は?

固いハンバーグをリメイクするには、別の料理にしてしまうのが簡単です。

煮込みハンバーグのように、「スープ系」に使えば、おいしく食べることができます。

その他、シチューやカレー、グラタンなどに、リメイクアレンジして使うのはいかがでしょうか。

手作りハンバーグを失敗しないためには?

◎ 火の通りの見極め!

中身がジューシーなハンバーグに仕上げるには、火の通りの見極めを覚えておきましょう。

ハンバーグを箸でギュッと押します。(ハンバーグの中央に竹串を刺しても良い)

そのときに出てくる油の色がポイント。

透明な油が出てくればOK。

白い油が出てくると、再びフタをして1~2分追加で蒸し焼きをします。

この最後の仕上げまでの手順も、おさらいしておきましょう。

◎ 下ごしらえの玉ネギ!4通りの方法

(1)玉ネギをあめ色に炒めるメリット

玉ネギをあめ色に炒めるメリットは、玉ネギの甘みやコクを味わえるところにあります。

ジューシーなハンバーグにするためには、粗熱を取ってから、ひき肉と合わせてください。

熱で肉が温まってしまうと、固いハンバーグになりやすいので注意!

(2)玉ネギを電子レンジ加熱する方法のメリット

玉ネギを電子レンジ加熱する方法のメリットは、ズバリ時短できることです。

加熱時間は、好みの熱の通り方で選んでください。

ひき肉と合わせるときは、しっかりと粗熱を取りましょう。

(3)みじん切りを生のまま混ぜる方法

生のまま混ぜる方法は玉ネギのシャキシャキ感をいかしたハンバーグになります。

(4)玉ネギをすりおろして混ぜるメリット

ジューシーで柔らかいハンバーグに仕上げたい人は、玉ネギをすりおろして生で混ぜる方法がおすすめです。

ひき肉を塩だけで先にこねておいて、卵、パン粉、こしょう、玉ねぎのすりおろしを加えていきます。

粘りが出るまで練り混ぜてから、ハンバーグの形を作ってください。

「塩だけで先にこねておく」「粘りが出るまで練る」は、ジューシーで柔らかいハンバーグにするためのポイントになります。

量(ハンバーグ2個分)の目安

・「ひき肉:250g」
・「卵:1個」
・「パン粉:1/2カップ」
・「塩:小さじ1/4」
・「こしょう:少々」に対して、「玉ネギ:小1/2個」

◎ こねるときのポイントは肉汁の保水

こねるときに肉汁が保水されていると、ジューシーに仕上がります。

それで、粉ゼラチンや氷を使う裏技があるわけです。

通常は塩だけでOK。

他の材料を加える前に「塩だけ」を混ぜておくことで、肉汁が保水されます。

◎ 手の熱や玉ネギの粗熱によって、肉の脂が溶けるとダメ!

こねすぎがダメと言われるのは、手の熱で肉の脂が溶けるからです。

こねるときに、肉の脂が溶けると固いハンバーグになってしまいます。

回避のコツ

* 手を冷水で洗って冷やしておく。

* ボウルの下に氷水をあてて冷やしながらこねる。

◎ 空気抜きのポイント

空気が入っていると、ハンバーグを焼いている時に崩れやすいので注意しましょう。

右に!左に!手の中で軽く投げるように往復させて、空気を抜いてください。

◎ へこみ(くぼみ)を入れる理由

へこみを作らなかった場合は、ハンバーグの中央が盛り上がってしまいます。

へこみ(くぼみ)を入れておくと、肉を焼いたときの縮みを対処してくれのです。

へこみ(くぼみ)を入れる理由は、「均等に熱を通りやすくすること」「ひび割れを防止すること」です。

◎ 焼き方のポイント

フライパンを温めて油を引いたら、へこみ(くぼみ)を入れたほうを下にして並べます。

火加減は、弱めの中火

2~3分ほどかけて、片面に焼色をつけます。

焼き色がついて裏返したら、少量の水を加えて火を弱火に!

「蒸し焼き」でハンバーグの中に火を通していきます。

7分~10分弱ほど時間をかけてください。

最初にお伝えしたように、確認で、透明な油が出てくればOK。

まとめ

こねるときは、手の熱で肉の脂が溶けないようにしましょう。

「手を冷水で洗って冷やす」

「ボウルの下に氷水をあてて冷やしながらこねる」

など工夫してください。

ブログシェアのお願い
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その他の関連記事