静電気がひどいと病気かもしれない!静電気体質は急になることも

今回の話題は、静電気と体調の関係です。

最近では医療の現場でも、静電気が体調を悪くしている、または
体調が悪いと静電気に悩まされると考えられています。

いったい体の中で何が起きているのでしょうか。

このページでは、「静電気がひどいと病気かもしれない!」

「静電気体質は急になることもある」に分けて静電気と体調の
関係についてお伝えしていきます。


[quads id=3]





静電気がひどいと病気かもしれない!

静電気と体調をテーマのした本には「血流は“静電気デトックス”
でよみがえる」「体内静電気を抜けば病気は怖くない! 」
「はだしで大地に立つと病気が治る (体内静電気を抜くアース
健康法)」などがあり、注目度も高いです。

はじめに「医療の現場でも静電気抜きが行われている」という
お話からご覧ください。

— 医療の現場でも静電気抜きが行われている

静電気と体調の関係を調べていると、『治療を始める前に、
まず身体に溜まっている静電気を放電してから治療に入り
ます。』という医師のコメントがありました。

患者さんに、両手を放電マットに付いてもらうそうです。

このように、医療の現場でも静電気と体調には深い関係が
ある
と考えられています。

また、静電気と関連の強い電磁波の影響や対策法については、
ヨーロッパでは血圧を測るのと同じように身体電圧を測定する
習慣があるという記事も見かけました。

— 静電気と体調の関係

静電気と血液の実験のお話もあります。

それは、静電気を作る摩擦装置を用いて血液の変化を調べた
ものです。

実験結果でわかったことは、3つとなっています。

* 身体に静電気が溜まると血液がとても粘っこくなる。
* 血管を収縮させる物質であるノルアドレナリンが
血液中に発生する。
* 血液中の脂肪量も多くなる。

身近な症状で言うと、「疲れやすい」「手足が冷える」
「冬でも冷たい飲料や食品を好む」「首や肩のコリがひどい」
「足がよくむくむ」「髪が薄くなってきた」という場合は、
静電気がたまっていることが心配されます。

[quads id=1]

静電気体質は急になることもある?

静電気体質は、生まれつきによるものではなく環境によるもの
だと言われています。

そこから考えると、静電気体質は急になってしまうことも
ありえます。

もっとも多いケースは、電磁波を受けやすい生活環境に
移った場合
です。

食生活の偏りによって、体調が悪くなり、静電気体質に
なってしまうこともあるようです。

静電気体質は急になった場合には、「応急処置をすること」
「体調を整えること」「静電気抜き」の3つで対策してみて
ください。

— 静電気体質の応急処置

* ハンドクリームをこまめに塗る。

* 部屋を加湿する。
* 衣類の洗濯は柔軟剤を使用する。
* 静電気防止グッズを身に付ける。

— 体調を整えて静電気体質を変える

静電気体質を変えるには、食生活を変えて体調を整える
方法があります。

積極的に、静電気を体内でイオン化して中和するアルカリ
性食品
を食べてみてください。

アルカリ性食品には、ミネラルを豊富に含む野菜、果物、
きのこ、大豆、海藻などがあります。

— 静電気抜き

はだしで大地に立つと、人間の体にたまった電気を放電
してくれるというお話があります。

ポイントは、自然の中で土と水に触れることです。

5分~10分ほど、「濡れた芝生や大地に裸足で立つ」
「砂浜の上に裸足で立つ」だけで静電気抜きができます。

自宅で静電気抜きをしたい場合は、ベランダに腐葉土を入れた
プランターを用意して、手や足で触れる方法もあります。

大地に触れて心身を整える方法は、セラピストの間でも
アーシングやグラウンディングという名称で親しまれています。

参考までに、裸足にならずにアーシングできる、アーシング
シューズという商品も販売されています。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アーシング 健康シューズ TABI 足袋 ライトブルー
価格:13000円(税込、送料無料) (2020/7/6時点)

まとめ

今回は、静電気と体調の関係についてお伝えしました。

「静電気がバチバチとひどい」「静電気体質になってしまった」
と思われる人は、血液の流れが悪くなっているかもしれません。

いわゆるジャンクフードはやめて、アルカリ性食品を食べる
食生活に変えてみてください。

静電気抜きをして心身を整えるには、「濡れた芝生や大地に
裸足で立つ」「砂浜の上に裸足で立つ」「ベランダに腐葉土を
入れたプランターを用意して、手や足で触れる」という方法も
あります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする





その他の関連記事