正午はamなの?pmなの?深夜12時は?時刻の表記や意味を解説!

今回は、午前と午後にまつわるお話です。

メールやラインで集合時刻を伝える時には、注意が必要です。
そんなお話になります。

例えば、
正午の12時はamと表記するのか?それとも、pmと表記するのか?
深夜の12時はamと表記するのか?それとも、pmと表記するのか?
これには、日本語と英語の表記の違いもあります。

さらにややこしい日本語の時刻についても調べてあります。
ここまで読んでもらえると、メールやラインで集合時刻を
伝える時に注意が必要なことがわかります。

雑学っぽいお話にありますが、どうぞご覧ください。






正午はamなの? pmなの? 深夜の12時は?

答えを先に発表します!

正午は、「12 p.m.」と表記します。
深夜の12時は、「12 a.m.」と表記します。

覚え方は、pとaの違いがポイントになりますよね。
語源は、ラテン語です。

午後を表す p は、post。
「ラテン語の副詞 post」で、「(位置、空間)後方に」
「(時間)以降に、以後」という意味になります。
「後」なので、午後ですね。

午前を表す a は、ante。
こちらは、「ラテン語の前置詞 ante(~の前に、前方の)」
です。「前」なので、午前と覚えてください。深夜の12時は、
午前となります。日本語の「午前0時」ですね。

ちなみに、正午は「noon」ですよね。

それと同じように、深夜の「midnight」は原則的には、日本で
言うと「午前0時」または「夜の12時」のことだそうです。

ただ、一般的に夜の12時あたりの夜という意味として使うように
なっています。


英語と日本語の違い、時刻の表記や意味について解説!

英語と日本語の違いを中心に、時刻の表記や意味について解説します。

英語では、午前が「ante meridian」、午後は「post meridian 」
です。ラテン語の原形では、「ante meridiem」「post meridiem」
となります。

略し方には、「p.m.」「a.m.」「A.M. / P.M.」「am / pm」
「AM / PM」 などがあります。

— 正しい表記

英語では、「12 p.m.」「12 a.m.」のように、「p.m.」「a.m.」は
数字のあとに表記します。

これが正しい表記です。

— 日本語の表記は間違いなの?

日本語の表記は、「午前10時」ということから、「AM 10:00」という
表記することが多いです。

ご覧の通り、数字の前に「AM 」を持ってきています。

これは、英語の表現からすると間違いなのです。

数字の前に「AM 」「PM」を持ってくるのは、日本語の表現、
日本の文化として考えるべきというわけです。

日本語の時刻について

日本語の時刻についても調べてみました。

すると、面白い話がありました。

「午後0時」は、正午。
「午前12時」は、正午。
「午前0時」は、夜の12時。
「午後12時」は、夜の12時。

ここまででも、少しややこしいです。

それでは、明日の午後12時15分に集合と言われたら、
ピンときますでしょうか?

「午後12時」は夜の12時なので、「午後12時15分」は
夜中のことになります。
ただ実際には、このような表現はしません。

メールやラインで伝える時には、注意が必要ですね。

さて、日本語には六曜というのがあります。

その中でややこしいのは「先負」です。

午前が凶で午後が吉という日なのです。

すると、午前中の結婚式はダメで、午後の結婚式は
良いということなのか?

という疑問が出てくるというわけです。

「先負」は、午後の何時からが吉なのか?

逆の「先勝」を調べると、「先勝」は

「午前中は吉、午後二時より六時までは凶」

という解釈がありました。

しかし、「先負」は「午前中は凶、午後は吉」
としかありません。

正午を境目にすれば良さそうです。

ちなみに、「先負」は「先んずれば即ち負ける」
という意味です。

勝負事は、午前中は避けたほうがいいということです。

まとめ

今回は、午前と午後にまつわるお話でした。

くれぐれも、友だちに間違った集合時刻を知らせないで
くださいね。

いたずらやフェイクもダメですよ~。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする





その他の関連記事