出産祝い男同士の場合は?男性からの場合と男性への場合を紹介

勝手なイメージになりますが、出産祝いは女性の間で
盛り上がるものという感じがしています。

結局赤ちゃんの育児をするのは女性だと答えが落ち着いて、
男性が出産祝いの話の中に入る余地がないような気もします。

男性は、どうすれば良いのか? このページでは、
「出産祝い男同士の場合」

「出産祝いで、男性から贈るものは?」

「出産祝いで、男性へのお祝い」の3つに分けてお伝えしていきます。






出産祝いを男性目線で!男同士の場合

出産祝いを男同士で贈る場合は、友だち、会社の同僚、上司、
部下などが考えられます。

ですので、特別なことではないわけです。

「無事に、生まれたんだね」「生まれたかぁ、良かったなぁ」
「これで、おまえも父親だなぁ」、稀でしょうけど上司には
「おめでとうございます」と出産祝いを贈ることになります。

出産祝いの相場金額も、男同士だからと変わることはありません。

親友なら、1万円

友人、知人であれば、5000円~1万円

同僚、会社関係で5000円~1万円

一般的にお祝いする金額で大丈夫です。

出産祝いは男同士であるなら「しなくて良い」とか「しないほうが
良い」と考えずに、心からお祝いをしてあげるほうが自然です。


出産祝いで、男性から贈るものは?

育児グッズやベビーグッズを選ぶなら、自分の奥さんに手伝って
もらう必要がありますね。

男性の場合は、ベビー用品のブランドやメーカーなどがよくわから
ないという現状もあります。

また、一人(独身)で選ぶとなると、ベビー用品売り場に行くのは
照れくさいでしょうね。

そのような事情も含めて、男性から贈る出産祝いは、ギフト券または
現金にしておいたほうが無難
です。

それと出産祝いを男性同士で贈る場合は、注意するべきことがあります。

それは、出産祝いの渡し方です。

例えば、産後すぐに、自宅訪問するのは遠慮するというのは配慮の
基本とされています。

男同士、直接渡したいという時は、父親になる男性に出産祝いを
渡して、「奥さんによろしく」と伝えてもらうようにしましょう。

出産祝いで、男性へのお祝い

掘り下げると、女性の友だちから出産祝いで男性へのお祝い
というケースもありますね。

この関係は、男性の奥さんに気を使いますよね。

よくある話題として「男女の友情はありえない」というのが
あるくらいですから、周囲に誤解を与える心配もあります。

そのようなことから、出産祝いはプレゼント品にはしない
ほうが良いです。

無難なのは、「現金で5000円程度にする」といったところです。

家族ぐるみのおつき合いになっているなら、「現金を女性側の
夫婦の連名で贈る」というのもありますね。

また、「おめでとうの言葉だけにする」というのもいいと
思いますよ^^

まとめ

今回お伝えしたのは、「出産祝いを男性目線で!男同士の場合」
「出産祝いで、男性から贈るものは?」
「出産祝いで、男性へのお祝い」の3つです。

男同士だから、出産祝いは「しなくて良い」とか「しないほうが
良い」と考えずに、心からお祝いをしてあげるほうが自然です。

出産祝いの相場金額も、男同士だからと変わることはありません。

親友なら、1万円。友人、知人であれば、5000円~1万円。
同僚、会社関係で5000円~1万円。
一般的にお祝いする金額で大丈夫です。

配慮の基本として、自宅訪問するのは遠慮してください。
「奥さんによろしく」と父親になった男性に出産祝いを
手渡しましょう。

女性の友だちから出産祝いで男性へのお祝いの場合は、
プレゼントなどはしないほうが良いです。

周囲に誤解を与える心配もあるので、お祝いは言葉だけ
でも喜ばれますよ^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする





その他の関連記事