私汗臭い!?なぜ汗をかくとにおうのか。対策と予防方法をご紹介

汗をかく季節になると、気になって来るのが・・・

そう!!

あせのにおい(; ・`д・´)

鼻が利く管理人は、においにも敏感(笑)

私臭くない?

と人にも確認する事も(^^;

におうよりにおわない方がいいですからね!!

今回は、なぜにおうのか?

対策はあるのかなどご紹介いたします^^





汗臭い!?なぜ汗をかくとにおうのか

汗をかくこと自体は、とってもいい事なのです^^

体温調整のためになくてはならないものなのです。
汗をかくことにより、身体の表面を冷やし、
体温が上がらないよう調整しています。

汗自体は体の水分が出るだけなのでほとんど
無臭なのです!!

でも汗をかくと臭くなることが多いですよね!?

それはなぜでしょう??

実は、汗には種類が2種類あります。

一つ目がエクリン腺です。

エクリン腺は、全身にくまなく分布されていて、
1日に1.5リットル以上の汗を出しています。

エクリン腺から出る汗は、ストレスを感じたり、
激しい運動をすると、アンモニアが分泌されるので

においの原因になる時があります。

二つ目がアポクリン腺になります。

アポクリン腺は、主に、脇 陰部 耳の中などに多くあり、

そこから分泌される汗には脂肪 尿素 アンモニアなどが多く含まれており、
乳白色で少し粘り気があるのが特徴です。

これらが多く含まれることにより、においの元にも
なってくるのですが、1番の原因はなんと!!

菌の増殖によるもの

だったのです(; ・`д・´)

アポクリン腺から出た汗が皮膚に常在している菌に触れ、

増殖をする際に臭いが発生してしまいます。

汗をかいたあと菌の活動が激しくなり、
そのままにしておくと、約6時間後には臭いがマックスになります(^^;

いやぁ~!!

そんな状態まではなりたくないですね( ;∀;)

対策

対策が分かれば、においも抑えられそうですね!!

汗の臭いは、汗を放っておくことで雑菌が繁殖し発生していましたね^^
なので、汗をそのままにせず、すぐに拭き取ることが大切です。

雑菌が繁殖して臭いにおいが気になるのが大体1時間後です。
その前に、汗を拭きとることで
においの発生を防止できます。

ポイントは、

乾いたタオルなどではなく、濡れタオルなどを使う事。

乾いたタオルで汗を拭いてしまうと、肌が余計に汗を出すように
なってしまいます。

デオドラントシートはおすすめです^^
さらさらになりますし、匂いも選べていいですよね(*^_^*)

あと、涼しい部屋に行って汗が引いても雑菌は残っていますので
そこからにおいが発生します。
しっかりふき取りましょう(*’ω’*)

予防方法などあるの?

においを減らすために出来ることが何点かありますので
お伝えいたします^^

①運動をする



運動をすることにより、汗腺が鍛えられて、
ドロドロした汗が多い方は、サラサラした汗に変わります。

においの敵!ストレスの解消にもなり、とてもいいですよ^^

②食生活

お肉や揚げ物は、菌の栄養分になる蛋白質や脂肪分が多く含まれているので、
汗をかいたときににおいやすいのです。

逆に、野菜を多めにとるとビタミンAやEを取ることにより、
においを抑えられるのです^^

③洗濯でしっかり菌を落とす



キレイにウエットシートなどでいくら拭いていても
服に菌が残っていると意味があまりありません。

夏は特に漂白剤などを使い、菌とさよならしましょう!

まとめ

汗が臭いわけではないので、一番はやはり
適度な運動を心がけ、ストレスをためない事です^^

正直、始めは、

えぇ!!運動!?

と思いましたが、菌の仕業ですからね(^^;

さらさら汗になったら、においも落ち着いてきます!!
においが気になる季節にもなってきますので、
しっかり対策しながら上手につきあいましょう(*’ω’*)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする





その他の関連記事