らっきょう漬けの期間と漬け方や冷蔵庫での保存法と漬け直しについて

レシピによって、らっきょう漬けの期間は変わりますよね。

今回は一つの例を紹介しますので、らっきょう漬けの期間の
参考にしてください。

さらに、漬け方と冷蔵庫での保存法と漬け直しについて
お伝えします。






らっきょうを漬ける期間はどれくらい?

らっきょうを漬ける期間は、下漬けと本漬けに分けられます。

ご家庭の味によって違いはありますが、下漬けに2~3週間
本漬けに2週間が目安です。

本漬けのほうは、3日くらいで食べ始めることはできると
おっしゃっている先生もいます。

2~3週間とされる下漬けの手順を紹介しておきます。

下漬けの手順 1
生のらっきょうを水で洗います。

下漬けの手順 2
根っこと茎の緑のところを切り落とします。

下漬けの手順 3
らっきょうの薄皮をむきます。
水の中で、らっきょうとらっきょうをこすり
合わせればむけます。

下漬けの手順 4
水で洗い流して、ザルで水気を取ります。

下漬けの手順 5
ボウルなどに、らっきょうを移します。

下漬けの手順 6
らっきょうの重さ5%の塩をまぶします。

下漬けの手順 7
熱湯をかけて消毒した瓶に、ボウルのらっきょうを
入れます。

下漬けの手順 8
さらに、らっきょうの重さ5%の塩を水で溶かします。

下漬けの手順 9
瓶のらっきょうに、手順8の水を浸します。

下漬けの手順 10
フタをして、冷暗所で保存しておきます。
この保存期間の目安が2~3週間です。

このレシピは、一つの例です。
これくらいの期間がかかるということで参考にしてください。

家庭に伝わるレシピ、時短レシピ、市販のらっきょう酢専用の
レシピによって手順は違います。

さきほどの下漬けしたらっきょうは、水洗いをしたら、
その時点で食べることができます。

さらに、甘酢漬けにする場合の手順を紹介しておきます。

甘酢漬けの手順 1
下漬けしたら、らっきょうを流水で洗います。

甘酢漬けの手順 2
甘酢を作ります。
米酢400cc、砂糖400cc、水1カップを鍋で沸騰させます。
(らっきょう1kg分に対しての量)

甘酢漬けの手順 3
鍋の火を止めて、赤とうがらし2本分を輪切りにしたものを
入れます。

甘酢漬けの手順 4
熱湯をかけて消毒した瓶に、下漬け済のらっきょうと冷ました
甘酢を入れます。

甘酢漬けの手順 5
冷暗所で2週間漬け置きをすれば食べられるようになります。


らっきょうの漬け方と冷蔵庫での保存法

次は、らっきょうの漬け方と冷蔵庫での保存法を
お伝えします。

こちらの手順は、時短レシピとしても参考にしてください。

手順 1
ボウルの中で、らっきょう(500g)を流水で洗います。
この時、ほとんど皮がむけるようにします。

手順 2
残っている皮は、手で向きます。

手順 3
根っこと茎の緑のところを切り落とします。

手順 4
もう1度、流水で洗います。

手順 5
らっきょうをザルにあげて、キッチンペーパーで
水気を拭き取れば下処理はOkです。

手順 6
甘酢を作ります。
酢 175ml、砂糖 100g、塩 30g、みりん 30mlを混ぜます。

手順 7
熱湯をかけて消毒した瓶に、下処理済のらっきょうと甘酢、
赤唐辛子2本(そのまま)を入れます。

手順 8
冷暗所で、3日~7日間保存すれば食べられるようになります。

手順 9
あとは食べる分ずつ小分け(甘酢につけた状態で)して、
しゃきしゃき感を持続させるために冷蔵庫で保存します。

らっきょうの漬け直しについて

冷暗所に保存していて漬け汁が濁ったら、らっきょうに
歯ごたえが残っている場合に限り、漬け直しすることも
できます^^

らっきょうをザルに上げて水気を切ってから酢で洗います。

新しい甘酢を作って、漬け直しをします。

まとめ

らっきょう漬けの期間は、下漬けに2~3週間、甘酢の本漬けに
2週間が目安です。

時短レシピでは、3日~7日間という作り方もありました。

冷蔵庫で保存する時は食べる分ずつ小分けしておけば、
しゃきしゃき感を持続することができます。

らっきょうの漬け直しについては、らっきょうをザルに
上げて水気を切ってから酢で洗います。新しい甘酢を作って、
漬け直しをしてください^^

一緒によく読まれている記事はこちら

[blogcard url=”https://reira01.com/3032.html”]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする





その他の関連記事