一年中日焼け止めを塗ると白くなる?大事な2つの毎日のケア方法とは!?

日焼け止め毎日のケア方法

日焼け止めを毎日塗っていたら肌が白くなる。

そのような話があるのを知って、何か特別なコツがあるかを調べてみました。

今回の話題は、「一年中ずっと日焼け止めを塗ると白くなる?」の真相。

日焼け止めの効果の疑問と美白ケアが気になる人は、どうぞご覧ください^^

読まれている日常の疑問
今回は、日焼け止めを塗りすぎるとダメなのか? どれくらい塗るのがいいのか? などの疑問と、日焼け止めの塗り方のコツについてお伝えします。...






日常の疑問本文スタート

一年中ずっと日焼け止めを塗ると白くなる?


「一年中ずっと日焼け止めを塗ると白くなる?」と、このような疑問が出てくるようになあtのは、日焼け止めの使い方が変わってきたからだと思われます。

近年は、日焼け止めは冬も塗る必要があるとされています。

陽射しの強い夏の期間中だけ日焼け対策をしていても、肌の色を守ることができないというのが常識となっています。

日焼け止めの目的から考えると、一年中ずっと塗ったとしても、肌は白くなりませんよね。

「今の肌の色をキープする」「今よりも肌を黒くしない」これが精一杯のはず。

美白ケアも、もともとの肌よりも白くするということではなく、もともとの肌の色を取り戻せたら良しとするところです。

生まれ持った肌以上に白くなるというのは、美白ケアでも不可能です。

よく言われるのは、「腕の裏の肌の色」を目標にして美白ケアをすること。

やるべきことは、「一年中の美白ケアと一年中の日焼け止め」。

これで、今の肌の色よりもトーンアップするのが基本となるようです。

飲む日焼け止めもあるのですが、これって結構おすすめです^^

塗って外から。

飲んで中からケアしましょう!

飲み始めは日差しが強くなりだす5月頃からがおすすめですよ!

[quads id=1]

トーンアップ系の日焼け止め

日焼け止めも進化していて、トーンアップ系の日焼け止めが展開されるようになりました。

注目したいポイントは、「トーンアップ系の日焼け止めは塗った瞬間から肌のくすみをなくす」「肌を白く見せてくれる」というものです。

人気になっている商品をリストしておきますね。

ロート製薬

「スキンアクア トーンアップUVエッセンス 80g [SPF50+/PA++++]」

KOSE(コーセーコスメポート)

「サンカット トーンアップUV エッセンス 80g [SPF50+/PA++++]」

キャンメイク

「キャンメイク マーメイドスキンジェルUV02 ホワイト 41g 化粧下地 02ホワイト」


白くなる2つの毎日のケア方法は?

白くなる毎日のケア方法としては、「美白成分を肌に浸透させる」「保湿ケアを欠かさない」の2つです。

これにプラスして、「一年中の日焼け止め」「1週間から2週間に1回程度の角質ケア」を行うこと。

美白成分には、「ビタミンC誘導体」「アルブチン(ハイドロキノン誘導体)」「プラセンタエキス」「コウジ酸」「エラグ酸」「トラネキサム酸」「リノール酸」などがあります。

これらが配合されている「化粧水」、または「美白クリーム」をお使いください。

おすすめの美白ケア方法は?

美白ケア方法としては、どのような美白化粧品を選ぶのかは重要なポイントになります。

目安としては、「医薬部外品」または「薬用」と記載のある商品を選ぶことをおすすめします。

美白化粧品の使い方としては、「使用量を守って、ムラなく塗る」「継続する」ことが原則。

費用が高いからと惜しんでいては、十分な美白ケアはできないということです。

◎ 美白成分の使い分け

美白成分の特徴を理解して、自分がどのような美白ケアをしているのかを自覚して、毎日のケアをしましょう。

代表される2つの美白成分についてお伝えします。

* ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体は、ビタミンCとブドウ糖を結合させて肌への浸透力を上げた成分です。

「シミ」や「日焼け」を薄くするために使ってください。

* アルブチン

アルブチンは、ハイドロキノン誘導体となります。

美白効果の高いハイドロキノンとブドウ糖を結合させたものです。

こちらは、予防に使ってください。

ハイドロキノンそのものは、肌の漂白剤との異名を持つほど刺激が強いです。

そのままのもを使うと副作用があると言われています。

ハイドロキノン4%以上が医薬品に分類され、医薬部外品である美白化粧品には4%以下の配合率になっています。

ダブル使いのおすすめ

改善のための「ビタミンC誘導体」と、予防のための「アルブチン」を肌に浸透させることによって、より美白ケアの効果をアップさせることが可能です。

夜に「ビタミンC誘導体」、朝に「アルブチン」、このような使い分けをする人もいらっしゃいます。

一年中日焼け止めを塗ると白くなる?まとめ

日焼け止めだけを塗っていても肌は白くなりません。

肌の色をトーンアップさせるためには、予防と改善の両方が必要になりますので、日焼け止めと改善のための美白化粧品の両方をお使いください。

ブログシェアのお願い
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その他の関連記事