発酵トマトチーズ鍋が活性酸素の働きを抑えてくれる?血糖値はどう?

発酵トマトチーズ鍋と活性酸素

健康に良い!腸活に良い!菌活!免疫力アップ!としながら、発酵食品を推す人が増えています。

発酵食品をベースにした椀物としては、昔からの食文化として粕汁は愛されてきました。

最近は鍋料理に発酵食品を使うレシピが広まり、「発酵鍋」として定番になりつつあります。

たとえば、「甘酒しゃぶしゃぶ」「ヨーグルト味噌だれ」「梅だれの鍋」など。

今回取り上げるのは、発酵トマトチーズ鍋。

健康効果と作り方についてお伝えします。





発酵トマトチーズ鍋が活性酸素の働きを抑えてくれるってホント?

発酵食品を鍋にするから効果がアップするのかどうかは、科学的な成分分析については素人判断では何とも言えません。

わざわざ鍋にしなくても、そのまま食べればいいんじゃない?という人もいますよね。

発酵食品と活性酸素を抑える効果

これについて調べてみると、発酵食品は保存食なので「酸化しにくい」食品、「抗酸化力」のパワーを持っているというこになるとのことです。

つきつめて考えると、発酵食品のポイントは「酵素」になります。

人間はもともと活性酸素を除去する酵素を持っているそうです。

さらに、加齢とともに酵素を合成する力も衰えてくると言われています。

考え方しては、「酵素」を取り入れることで、活性酸素の働きを抑えてくれるのです。

そして、トマトに含まれるリコピンは、細かくして加熱調理するとなんと16倍にもなるのです。

リコピンも活性酸素を消去する働きがありますよね^^

「発酵トマトチーズ鍋」をおいしく食べて、活性酸素を上手に抑えていきましょう!

血糖値も下がる?

「血糖値も下がる」という話のポイントは、腸内環境が整うことによって、結果的に血糖値を下げる菌が繁殖しやすくなるところにあります。

腸内環境には、発酵食品と食物繊維を同時に摂るのが良いそうです。

ですから、発酵トマトチーズ鍋で「血糖値も下がる」については、鍋に入れる具材次第とも言えるという程度です。

血管年齢も若くなる?

「血管年齢も若くする」というのは、「血管の老化させない」「血管をしなやかにする」ということになります。

そこで考えられるのは、「塩分を控える」「糖分を控える」「善玉のHDLコレステロールを増やす」です。

これらの条件に当てはまることでも、発酵食品は見直されています。

「血管年齢も若くなる」というのは、「発酵トマトチーズ鍋」に限定された話ではありません。

ただし血管年齢も若くするには、食生活の全体を変える必要がありますので、その点は注意してください。

ちなみに、血管年齢測定器を無料で使えるドラッグストアもあり、購入することも可能です。

発酵トマトチーズ鍋の作り方

発酵トマトチーズ鍋は、名前の通りに発酵食品を使うのがポイントです。

キムチと白味噌の2つと、チーズはカマンベールチーズという組み合わせがベースになっています。

トマト味には、トマトジュースを使うレシピが主流です。

トマト缶、トマトケチャップ、市販のトマト鍋の素を使っても、特に問題はありません。

発酵食品として、納豆を加える人もいます。

☆材料☆

・白菜漬け
・白菜(生)
・鶏もも肉
・ささみ
・めんつゆ(ストレート)100cc
・トマトジュース(無塩)700cc
・水300cc
・白味噌 大さじ1~2。
・カマンベールチーズ

鍋の具材は、白菜漬け、白菜(生)、鶏もも肉、ささみ

これらの4つになっています。

ヘルシー系の素材であれば、好きなものを煮込んで大丈夫です。

ベースになるスープは、「めんつゆ(ストレート)100cc」「トマトジュース(無塩)700cc」「水300cc」で作ります。

このバランスが味を整えてください。

スープを温めてから、白味噌を溶かします。

量は、大さじ1~2

鶏モモ肉、ささみ、白菜(固いところ)を敷きつめるように入れて、その上に、キムチ、白菜漬け、白菜の葉を乗せます。

カマンベールチーズは、上の面に格子状に切り込みを入れてから、具材の中央に乗せてください。

あとは煮込むだけです。

鍋として楽しむなら、具材は何を入れてもかまいません。

発酵食品をベースにして、ヘルシー系の具材をトマトスープで煮込むのがポイントです。

まとめ

発酵トマトチーズ鍋は、健康に良いとされる食材を使った鍋です。

ただし、治療効果があるわけではありません。

家庭の鍋料理の1つに加えて、おいしく食べてくださいね^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする





その他の関連記事