日焼け止めはいつまでもつの?未開封と開封後の使用期限について!

日焼け止め未開封と開封後の使用期限

日焼け止めは、ピークの夏を過ぎると使わなくなってしまいます。

だから、どうしても残ってしまうものです。

いつのまにか、スキンケアアイテムの収納スペースの奥のほうへと、開封して残った日焼け止めは追いやってしまいます。

次の年になって確認してから購入すれば良いのに、何かの買い物のついでに、新しい日焼け止めを買ってしまう失敗をする。

そんな繰り返し。

今回の話題は、日焼け止めの使用期限です。

昨年の開封したものが使えるなら、今年は日焼け止めを買わないようにしようと考えている人。

開封後の日焼け止めは、いつまでもつんだろうと気になっている人。

その判断基準になるような話をお伝えします。





日焼け止めはいつまでもつ?使用期限は?

[ad_HEALTH]
使用期限の意見を求めると、どうしても個人的な感覚の差によって二極化します。

「古いものは使いたくないから、毎シーズン新しいものを買う」

「もったいないから、年をまたいででも使い切りたい」

このような感じ。

何か頼りになる情報はないだろうか?

日焼け止めの使用期限の基準になるものにいて調べていると、「薬事法」の話を目安にしている人が多いことに気が付きました。

化粧品の使用期限について、いくつかのサイトを参考にさせていただきます。

『NEWSポストセブン』さんの記事では、「化粧品の使用期限 未開封で3年、開封後は半年~1年が基本」このようなテーマで、化粧品の使い方を紹介しています。

知りたいポイントは、冒頭に出てきました。

国内では薬事法で、3年以上使用できるものは消費期限の表示をしなくていい決まりになっている。

これついては、次のように考えることができます。

「3年以上使用できるものは消費期限を表示しなくていい」

ということは、「使用期限を表示していない化粧品は、未開封なら3年間は変質しない」

こうなりますよね。

開封後の目安は?

開封後の目安については、「アイビー化粧品」さんのサイトを参考にさせていただきます。

「化粧品には有効期限がありますか?未開封でどのくらいもちますか?」

この質問の対しての答えは次のようになっています。

「未開封で正しく保管していた場合、3年間は使用できます。」

「しかし、高温多湿の場所や直射日光の当たる場所に置いてあった場合など、保管状態が悪い場合や、一度でも開封した化粧品は、注意が必要です。」

開封後については、次のような答え。

「一度でも開封した化粧品の場合には、雑菌が混入していることも考えられますので、開封したら、できるだけそのまま使い切るようにしてください。」

付け加えると、未開封でも「変な臭い」がする場合は、「使用は避けてください」となっています。

以上の情報を参考にして、「日焼け止めの使用期限の判断」をしてください。

去年のものは使える?古くなっているかどうかの判断は?

先ほどの化粧品の話によると、「日焼け止め」も、未開封であっても開封後でも「異臭」や「変色がを感じたら、使用は避けたほうが良さそうです。

日焼け止めの使い方としてはどうすれば良いか?

「1シーズンで使い切ったほうが良い」というのが理想でしょう。

昨シーズンの日焼け止めが残ったものを試しに使う場合は、肌の目立たないところに塗ってみて、肌に異常が出なかったら、本来の目的の通りに使う」というのはいかがでしょう。

パッチテストみたいな感じです。

二の腕の裏側などに、昨シーズンに開封した日焼け止めを少量つけて、「赤み」や「かゆみ」が出たら使用は中止にする。

念のために慎重に使いたいなら、「顔用の日焼け止め」も顔には使わない。

「顔用の日焼け止め」だけは新しいものを買ってくる。

以上の方法や考え方は、判断の目安として参考にしてみてください。
[ad_HEALTH]

まとめ

もったいないからということで薄くなっていると、日焼け止めの効果は下がると言われています。

たっぷりと塗って、日焼け止めは1シーズンで使い切るくらいのほうが良いのかもしれません。

昨シーズンの日焼け止めが残ったものを試しに使う場合は、パッチテストをしてみる方法もあります。

さらに心配な人は、「顔用の日焼け止め」も顔には使わずに、「顔用の日焼け止め」だけは新しいものを買ってくるなどして、安心安全の気持ちで日焼け止めのシーズンをお過ごしください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする





その他の関連記事