台風窓対策テープがない時の対処方法!サランラップ代用できる?

台風窓割れ対策テープがない時のサランラップ代用

毎年、この時期は台風が多い季節。

ニュースでも連日のように報道されていますね。

集合住宅において一番心配な台風の被害は、「窓ガラス割れ」です。

台風による強風で、窓ガラスが割れて飛散するのを防ぐため、ガラスの飛散防止テープや養生テープを貼って対策する事が知られています。

しかし、ホームセンターになかなか行くことができない、行っても品切れでテープがない!

という人も多いのではないでしょうか?

今回は、テープがない時、テープを貼らずにできる台風の窓割れ飛散防止対策についてお伝え致します。






日常の疑問本文スタート

テープがない時の対処方法

まず初めに、ネットやツイッター等で調べてみると、「マスキングテープを代用」という記事が見つかりましたが、

・粘着力が弱い
・水に弱い

など、賛否あるようですので、今回は、マスキングテープ以外の対策方法を調べてみました。

サランラップ

手元にテープがない時は、サランラップでも代用して対策可能です。

1.窓にスプレー等で水を吹きかけます。
2.サランラップをなるべくピッタリ貼り付けます。

布ガムテープ

ガムテープを養生テープの代用品とする場合、布ガムテープを使用しましょう。

紙のガムテープは、一度貼ると剥がすのがとても大変ですが、布ガムテープなら、比較的容易に剥がす事ができます。

新聞紙

新聞紙を窓と同じ大きさにきり、なるべく何枚も重ねた上から布ガムテープでしっかりと貼り付けます。

布ガムテープを貼る時は、サッシの対角線上と、上下左右にしっかりと貼ってください。

段ボール

窓と同じ大きさ位に段ボールを切り、ガムテープ等で窓ガラスにピッタリ貼り付けます。

なるべく隙間がでないようにする事がポイントです。

発泡スチロール

段ボールと同様に、窓と同じ大きさ位に段ボールを切って、ガムテープ等でピッタリと窓に貼り付けます。

こちらも、なるべく隙間が出ないように、また、窓になるべく密着するよう貼り付けると効果的です。

プチプチ

緩衝材(プチプチ)で対策されている方もいらっしゃいました。

新聞紙同様、窓と同じ大きさに切ったら、ガムテープで窓ガラスにピッタリ貼り付けます。

サッシの対角線上、上下左右に、漢字の「米」の形になるよう、しっかりと貼ってください。

テープは貼らない方がいいという意見も


調べてみると、テープを貼らないほうがいいという意見もありました。

テレビCMで有名な窓のメーカー「YKK AP」によると、テープを貼る事で、割れた時に窓ガラスが部屋の中に飛び散るのを防ぐことができるものの、窓ガラス自体の強度は変わらないとの事。

また、2019年にはアメリカの政府機関が、「窓にテープを貼るのは時間とエネルギーの無駄」という論文を発表しているようです。

↓アメリカ合衆国連邦緊急事態管理庁(略称FEMA、フィーマ)論文https://www.fema.gov/media-library-data/20130726-1622-20490-3346/hurricanefactsheet_final.pdf

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、テープがない場合において、台風の強風による窓ガラスが割れるのを防ぐ対策をご紹介しました。

  • テープがない時は、サランラップや段ボールを代用する
  • テープがない時は、発泡スチロールやプチプチでの代用も可
  • テープは貼らない方がいいという意見もある

正しい対策をして、台風が過ぎ去るのを待ちましょう。

読まれている日常の疑問
台風や大雨の災害時、特に被害が多いと思われる、窓・雨戸・車庫について、台風対策をまとめてみました。窓ガラスが割れた際の飛散防止対策、雨戸がない場合の対策や雨戸の騒音対策、車庫の台風対策など。また備えておくと良いものもピックアップしています。

ブログシェアのお願い
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その他の関連記事