車が雨で濡れた!シートの雨染みの取り方と乾かし方を紹介

車に雨が吹き込んでシートが濡れてしまった!ずぶ濡れになったまま乗り込んだ!雨で濡れた傘でシートを濡らした!

そんなアクシデントに困っている人のために、今回は、車のシートの気になる染みの取り方と乾かし方についてお伝えします^^

どうぞ参考にしてみてくださいね!






車のシートが雨に濡れてできた染みの取り方

今回のポイントは車に雨が吹き込んでシートが濡れてしまった!というようなケースのお話ですが、染みになることって他にも原因が考えられますよね。

後部座席に子供たちを乗せている場合は、ジュースをこぼしたり、アイスクリームを落としたりすることもあります。

また、ワンちゃんを乗せていて汚れる場合もあります。

シートをキレイすする方法で、苦労している人、気になっている人ってたくさんいますよね(;’∀’)

このページでは、車のシートについた染みの取り方のポイント、動画で見るシートクリーニング、業者のクリーニング料金の順番でお伝えしていきます。

車のシートいついた染みの取り方

車のシートについた染みの取り方を調べてみると、市販の専用クリーナーを使っている人が多かったです。

他にはないかなぁとリサーチしていると「これはいい」と思った方法を見つけました。

それは、蒸しタオルを使う方法です。

手順は次の通りです。

手順 1 蒸しタオルを作る。

濡れたタオルを軽く絞って、おしぼりの形にして、電子レンジで30秒~1分ほど温めます。
タオルから湯気が出るくらいでOKです。

手順 2 蒸しタオルを染みの上に乗せる。

蒸しタオルを染みの上に乗せると、染みが浮き上がって蒸しタオルにくっつきます。

— 動画で見るシートクリーニング

* 自動車シートの汚れはスチーム一発!布・ファブリックのしつこい汚れ!

こちらは、スチームクリーナーでシートの汚れを落とす様子を見ることができます。

業者のクリーニング料金

業者のクリーニング料金について紹介します。

「自分で車のシートの染みを落とすのは面倒だ」

「高級な車のシートで、自分でクリーニングして失敗したくない」

「道具を揃える費用を考えたら、業者にクリーニングをお願いしたほうがいいかも!」

という人は参考にしてみてください。

料金体系の例

座面だけのクリーング 5,000円
1座席のクリーニング 8,000円
全座席(シート)の場合は、車の大きさで
料金が変わるところが多いです。
軽自動車の全座席 25,000円
普通自動車の全座席 35,000円
大型自動車の全座席 40,000円
ボックスカーの全座席 45,000円

さらに、革シート、高級レザーの場合は料金が高くなります。

〇シートクリーニング
(革シート1座席) 12,000円〇ベンチシートクリーニング
(後席シート) 20,000円〇大型革シートクリーニング
(大型ベンチシート) 22,000円

業者のクリーニング料金は、以上のような料金体系になっていました。

濡れてしまった車のシートの乾かし方

濡れてしまった車のシートの乾かし方については、ドライヤーはシートをダメにしてしまうという意見もあります。

古典的な方法ですが、タオルドライをするのが一番のようです。

乾いたタオルでポンポンと叩いて、水分を吸い取り半渇きの状態にする方法です。

そのあとは、サーキュレーターや扇風機で風を送って乾かします。

労力を惜しまない人は、シートを取り外して陰干しや天日干しもいいですね^^

まとめ

車のシートが雨に濡れてできた染みを取りたい場合は、蒸しタオルを利用してみてください。

自分の手に負えない時は、業者にクリーニングしてもらうことも一つの方法です。

濡れたシートを乾かすだけなら、タオルドライをして、サーキュレーターや扇風機で風を送って乾かしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする





その他の関連記事