自転車通学雨でカバンを濡らさない方法や雨の日の通学の靴対策

子供が高校生になって、自転車通学になることも多いですよね。

自転車通学の経験がない場合は、想像もつかず何かと心配になります。

今回お伝えするのは、自転車通学で雨の日にカバンと靴を濡らさないための対策です。

レイングッズは、このページでは男子向けにリサーチしてあります。

どうぞ、ご覧ください。






日常の疑問本文スタート

自転車通学で雨の日にカバン濡らさないための対策

自転車通学で雨の中を走ると、雨が浸透してカバンの中の教科書が濡れてしまう心配があります。

梅雨の時期や夕立が多くなる時期は、急に雨が降ってきて、カバンの中身をダメにしてしまった経験のある高校生もたくさんいると思います。

自転車通学時に雨でカバンを濡らさないようにするためには、学生カバンに使える防水カバーを常備しておくことをおすすめします。

ここでは、学生カバンに使えるカバーやリュック通学でも使えるカバーを紹介しておきますね。

* PARTNER 自転車用 カバンカバー

* 雨よけカバー RC-36

* スミクラ マルチカバー(反射テープ付)カバン リュック
3WAYバックにも対応

防水カバーを選ぶ時は、カバンの大きさに合うものを見つけてくださいね。

また、レインコートでカバンを覆ってしまいたい場合は次のようなアイテムもチェックしてみてください。

* 老舗レインウェアメーカー(カジメイク)の
リュック対応レインコート

* 前カゴまで覆うことができるロングレインコート

[quads id=1]

自転車通学で雨の日に靴を濡らさないための対策

自転車通学で雨の日に靴を濡らさない対策には、長靴、レインブーツ、防水シューズ、シューズカバー、シューズカバーの代用品などを利用する方法があります。

ここでは、男子向けのアイテムを紹介していきます。

– 長靴・レインブーツ

高校生の男子向けということで、控えめなデザイン・色、折りたたんで収納できるタイプでチェックしてみました。どちらも、男女兼用で使えるようにはなっています。

* kiu(キウ)レインブーツ

* FIELDOOR(フィールドア)レインブーツ

– 防水シューズ

防水シューズは、水たまりなどで活躍する靴底だけの防水タイプでなく、雨が降っている時にも対応できるものを探しました。

* サイドゴアタイプの完全防水ブーツ

* 完全防水 水の浸透防止 サイドファスナー
レインシューズ

見た目を気にする高校生は、レインブーツよりもスニーカーのほうが履きやすいかもしれません。

靴底の防水タイプのスニ-カーも紹介しておきますね。

* LARKINS ラーキンス 防水スニーカー

* WILD NATURE 防水 スニーカー 74556

– シューズカバー

レインブーツや防水シューズを新しく購入するより、今の靴で雨に濡れない対策をしたい場合は、レインシューズカバーをつける方法があります。

シューズカバーの商品も、いくつか紹介しておきますね。

* 防水生地で作ったショートタイプの
* ホワイト(クリアー)レインブーツカバー

* 簡単着脱 防滑 レイン シューズ カバー

– シューズカバーの代用品

シューズカバーを準備するにしても、そんなに毎日使うほどではないということもあります。

身近なもので代用したい場合は、レジ袋を使うことをおすすめします。

見た目さえ気にしなければ、しっかりと靴を覆うことができるのでレジ袋で防水対策は充分できます。

まとめ

自転車通学で雨の日にカバンを濡らさないための対策には、カバンを防水カバーで守る方法と前カゴごと覆うことができるレインコートを利用する方法があります。

靴を濡らさないための対策では、レインシューズカバーを利用する方法かレジ袋で代用する方法なら、高校生の息子さんに話しやすいと思います。

もしかしたら、防水シューズやレインブーツを買って欲しいと言うかもしれませんけどね。

息子さんが我慢しているようでしたら、そっと対策方法を教えてあげてください。

ブログシェアのお願い
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その他の関連記事