エアコンを送風にしているのに寒いのはなぜ?役割や活用の仕方

エアコン送風の役割や活用方法

エアコンを送風にしているのに寒いのはなぜ?と思うことがあります。

冷房が効きすぎるから、送風にしたのに!と結局は窓を開けるか、エアコンを切るかになります。

エアコンの送風には温度設定はないのかなぁ何のために送風モードがあるのだろう?

暑さと寒さの調整がむずかしくてぶつぶつ言いたくなるばかり。

今回このページでは、「エアコンの送風が寒い理由」「エアコンの送風がある意味」「送風モードの活用の仕方」などについてお伝えします。

どうぞ、ご覧ください。

読まれている日常の疑問
今回このページでは、エアコン送風は外気を取り込んでいるのか? 扇風機の代わりに使えるのか?を話題にしています。 「送風機能の大事な役割」...






日常の疑問本文スタート

エアコンを送風にしているのに寒いのはなぜ?

エアコンを冷房ではなく送風にしているのに、寒いのはなぜ?

原因はいくつかあります。

1つは、それまで部屋を冷房で冷やしていた場合です。

もう1つは、体調が悪くて寒く感じるなどの場合です。

個人差もありますよね。

「風を送るだけ」ということで、扇風機で涼しくなる「しくみ」と同じとするならば、次のように考えることもできます。

扇風機の送風では部屋の温度を下げることはできません。

空気を動かしているだけだからです。

それでも、扇風機の前で風に当たると涼しくなります。

これは野外でも同じだと言えます。

気温が30度でも、風があるのとないのとでは感じ方が違いますよね。

涼しくなる答えは、人間の体の秘密にあります。

たとえて言うなら、人間の体は熱をまとっている状態です。

「皮膚の近くにある空気」は暑さを感じるほどに温度が上がっています。

扇風機の風は、「皮膚の近くにある空気」を吹き飛ばすわけです。

空気を入れ替えて、人間が熱を放出しやすい状態にしてくれる。

そんな「しくみ」になっています。

扇風機の送風はピンポイントで風を送るので、風が当たる場所にいるときだけ涼しいですよね。

放熱ということでは、汗が出ているときに風に当たるほうがもっと涼しく感じます。

服を着ているよりも、服を脱いで風に当たるほうが涼しいです。

送風で寒く感じるのは、部屋の温度以前に人間の皮膚の感覚によるところが大きいのでしょうね。

送風モードの温度設定について!

付け加えて言うと、エアコンの送風は部屋全体の空気を循環させるだけで、温度を下げる機能はありません。

エアコンの送風モードにしているときに温度設定を変えても、エアコンの機能としては温度は変わらないということです。

エアコンの送風モードがある意味は?役割は?

それでは、エアコンに送風モードがあるのはどうしてでしょうか?

冷房と暖房、除湿モードがあれば十分なのではないでしょうか?

どのような意味があるのか?

どのような役割があるのか?

エアコンの送風モードについて調べてみると、次のようなお話がありました。

整理してお伝えしますね。

エアコンの送風モードがある意味は、部屋全体の空気を循環させる役割のため。

送風にしているときは、室外機は動いていません。

冷房や暖房のように熱交換をしていないのです。

ですから、さきほどもお伝えしたように送風は温度設定を変えることはできません。

温度について、現象だけを見ると送風で部屋の温度が上がる場合もあります。

温度が上がっている「窓を締め切った部屋」で、空気を循環させると涼しくならないで温度が上がることがあるのです。

これは、部屋の天井付近と床付近で温度差があり、送風で上下の温度がかき混ぜられて、床付近の温度が少しばかり上昇するようです。

電気代については、エアコンの送風モードは扇風機と同じくらいと言えます。

エアコンの送風はいつ使う?活用の仕方

エアコンの送風モードは部屋全体の空気を循環させる役割のためにあるなら、いつ使うのか?

活用の仕方も調べてみました。

効率を高める使い方!

すぐに冷房をつけてしまわないで、はじめに窓を開けて送風しましょう。

そうすることで、そのあとの冷房の効率がアップします。

室内の熱気を逃がしてから、冷房に切り替えたほうが冷房は効きやすくなるわけです。

まとめ

エアコンを送風にしているのに寒いのは、それまで冷房で冷やしていたことが原因の1つです。

また、体調や体質などの個人差もあります。

送風モードは部屋全体の空気を循環させるだけで、温度を下げる機能はありません。

送風にすることで空気を循環させてから、冷房に切り替えるなど、冷房の効率をアップさせる使い方があります。

ブログシェアのお願い
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その他の関連記事