友達の結婚式の断り方。ご祝儀やプレゼントの相場と渡す時期は?

特別に親しいというわけでもない友達から、
結婚式の招待状が届いた!

気を悪くさせないように断りたい。

それは緊急事態ですね。(笑)

今回は、友達の結婚式の断り方、
プレゼントのおすすめ、ご祝儀の相場、
送る時期についてお伝えしていきます。







日常の疑問本文スタート

友達の結婚式の上手な断り方は?

– まずは、欠席を伝える流れから整理

(1)電話で伝える
(2)招待状の返信

欠席を伝える場合は、まず電話で欠席の連絡を
するのが好ましいです。

LINE(ライン)は、どうでしょうか。
日頃からやりとりをしている仲なら、LINE(ライン)
で伝えるのも可能です。
それでも、電話で話すほうが望ましいですよね。

電話連絡をしたあとに、招待状の返信をします。
招待状をもらってから1週間くらいで返信を送りましょう。

連絡する時の雰囲気を和らげるには、お祝いの言葉から
始めてください。
それから「やむを得ず欠席するかもしれない」
「なるべく出席できるようにする」ことを伝えます。

あとで「欠席」の返信を出した時に
「都合がつかなかったんだなぁ」と思ってもらえるように
するのがポイントです。

– 欠席を許されやすい理由

欠席を許されやすい理由も参考にしてみてください。

ストレートに理由を伝えて良いケースは、「妊娠」
「出産」「子育て」とされています。
マイナスのイメージがないからだそうです。

はっきり伝えないほうが良い理由は、「体調不良」
「金銭的な事情」「元カレと遭遇するのが嫌」などです。

– 招待状の返信に書き添える文面から考えと・・・

けがや病気、弔事などの理由で欠席する場合も、
余白に添える文面は「ぼかして書く」のが一般的のようです。

マナーのサイトでよく見かける文例は、こんな感じでした。

ご結婚おめでとうございます。
お招きいただきどうもありがとうございます。
やむを得ない事情により欠席させていただきます。

これで考えると、欠席の理由は「ぼかす」ことも
可能ですね。(笑)
おすすめはできないですけど。

– 断り方の提案

断る理由で多いのは、「先約がある」です。先約というのは、
親戚の結婚式に出席することが決まっているというものです。

「親戚なら優先されても仕方がないか」という感じに
なるからです。

これなら、最初に電話で話す時も違和感はないでしょう。

プレゼントのおすすめやご祝儀の相場は?

– プレゼントのおすすめ

いくつかのブライダル関係のサイトのアンケートによると、
もらった結婚祝いのプレゼントで喜ばれるランキング上位は、
だいたい次のようになっていました。

1位 現金
2位 カタログギフト
3位 商品券・ギフトカード

おすすめしたいのは、カタログギフトです。

リビング雑貨、日用品雑貨、ファッション雑貨などの
カタログギフトなどはいかがでしょうか。

リサーチしていると、「失礼のない激安カタログギフト」
というのもありましたよ。

– ご祝儀の相場

マナーサイトによると、友人や知人、会社の同僚の場合の相場は、
30,000円と紹介されています。

年齢の20代、30代、40代別で見ても、友達へのご祝儀の相場は
30,000円となっていました。

結婚式に出席しない場合

結婚式に出席しない場合は、予定していたご祝儀の1/2~1/3くらい
目安とされています。

友達へのご祝儀の相場の1/3で、10,000円でも失礼にならないようです。

贈る時期は?

プレゼントを贈る場合も、ご祝儀を現金書留で郵送する場合も、
欠席する場合は挙式の前です。

最低でも挙式当日の1週間前までに届くのが相手に気を使わせないで
済みます。

ご祝儀を現金書留で郵送する場合は、現金をご祝儀袋に入れてから、
そのご祝儀袋を現金書留の封筒に入れます。

現金書留は、手紙を添えることもできます。

プレゼントの中に、ご祝儀を入れるのはおすすめできません。

まとめ

友達の結婚式の断り方のおすすめは、
「親戚の結婚式に出席することが決まっている」です。

まずは電話で「先約がある」ことを伝えましょう。

そのあとに招待状の返信を送ってください。

お伝えしましたように、結婚式を欠席する場合は、
友達へのご祝儀の相場は10,000円です。

プレゼントのおすすめは、リビング雑貨、日用品雑貨、
ファッション雑貨などのカタログギフトです^^

参考にしてみてくださいね!

ブログシェアのお願い
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その他の関連記事