エアコン送風は外気を取り込む?扇風機に使える?大事な役割について

エアコン送風

今回このページでは、エアコン送風は外気を取り込んでいるのか?

扇風機の代わりに使えるのか?を話題にしています。

「送風機能の大事な役割」についても、ぜひ参考にしてくださいね。

●合わせて読みたい

エアコンを送風にしているのに寒いのはなぜ?と思うことがあります。 冷房が効きすぎるから、送風にしたのに!と結局は窓を開けるか、エアコンを切...






エアコン送風は外気を取り込む?室内機のしくみについて

エアコンの送風は、サーキュレーターで空気を循環させているようなものです。

室内機のファンを回すだけです。

外気を取り込んでいるわけではありません。

温度や湿度のコントーロールはしていないのです。

「室内機」の中はどうなっているのか?

「室内機」には、「フィルター」「熱交換器」「クロスフローファン」が備えられています。

「フィルター」は、掃除をしたことがある人はわかりますよね。

フィルターの役割は、空気中のほこりを室内機の中に入り込まないようすることです。

その「ほこりのない空気」を「熱交換器」によって、冷たくしたり暖かくしたりするわけです。

さて、クロスフローファンです!

このクロスフローファンは筒のような形をしていて、勢いよく回転して風を起こします。

というわけで、送風のときはクロスフローファンが活躍しているということです。

外気を取り込んで風を送っているわけではありません。

冷暖房のように熱を交換する必要はないので、室内機の「熱交換器」と室外機の「熱交換器」は働いていないです。

参考までに、冷房や暖房のときも外気を取り込んでいません。

冷房のときは、部屋の空気から「熱」だけを外に追い出しているだけなのです。

室内機と室外機は、パイプでつながっていますよね。

このパイプを通して、部屋の中の熱を部屋の外に運んでいます。

室内機の「熱交換器」と、室外機の「熱交換器」の働きのみで冷房と暖房が可能になるので、外気を取り込んではいません。

エアコンの送風は扇風機代わりになる?

自宅に扇風機がなくて、エアコンをつけるほどではない時には、冷房ではなく送風を使えるかもしれない?そう思う人も多いでしょうか?

先ほど説明したクロスフローファンは、扇風機みたいなプロペラ型にはなっていません。

その理由は、プロペラ型だと風がまっすぐ遠くまで届かないからです。

もう1つ、プロペラ型に比べると静かであることも特徴。

室内機のクロスフローファンの役割は、冷たい空気や暖かい空気を「遠くへ」「静かに」送り出すことです。

冷房と暖房がメインの機能ですからね。

ですから、室内機のクロスフローファンは、扇風機のような役割をするためには作られていません。

扇風機のように人の近くに置いて、強い風量で涼むことができないので、エアコンの送風では「涼しさ」は実感できないです。

ただ個人差はあるので、「私は涼しいですよ」という人はいらっしゃるかもしれません。

エアコンの送風の大事な役割

エアコンの送風の大事な役割に、エアコン内部を乾燥させて清潔に保つというのがあります。

冷房の場合は室内機が、暖房の場合は室外機が空気中の水分を凝縮させるため、エアコン内部の「アルミフィン」が濡れた状態になります。

エアコンの運転終了後は、「送風」でアルミフィンを乾かしたほうが良いのです。

カビ防止ですね。

エアコンを使用したあとに「送風機能」を使うことで、エアコン内を乾燥させることができます。

特に、シーズンの終わりに活用してください。

3時間~4時間ほど、 送風運転をしてエアコン内部を乾燥させましょう。

最新のエアコンは、運転が終了になると自動で「送風運転」を行います。

送風運転機能がない機種の場合は?

室温が30度以下のときに、冷房の設定温度を一番高くして3~4時間運転すればOK。

室温がリモコンの設定温度以下の場合は、室外機が作動しないため、送風運転になるしくみになっています。

内部クリーンまたは内部乾燥のある機種は?

内部クリーンまたは内部乾燥は、最初にリモコンによる設定が必要です。

そのあと解除するまでは、冷房や暖房運転のあと、毎回自動的に内部クリーン〈または内部乾燥)を行います

まとめ

送風モードのときは、クロスフローファンによって風が送られています。

外気は取り込んでいません。

扇風機の代わりにするには、人間の肌に当たる風量が足りないでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その他の関連記事