燻製チップが引火したときの対処は?燻し方の基本のおさらい

燻製チップが引火したときの対処

今回の話題は、燻製に使うスモークチップです。

お伝えするのは、2つ。

「燻製チップが引火したときの対処」と「燻し方の基本」です。

燻製をするときにスモークチップに火がついたら、どうすればいのか?燻し方の基本で注意するべきことは、どのようなことか?おさらいしていきましょう。






日常の疑問本文スタート

燻製チップが引火したときの対処は?

燻製チップが引火したときの対処でやらないほうが良いことは、「水をかける」です。

水をかけてしまうと、その時点で使えなくなってしまうからです。

水に濡れたチップはすべて台無しというわけですね。

熱源に使っていたコンロも、つづけて使えるにしても乾くまでは時間がかかりそうです。

安全な方法は、「フタをする」です。

これは、酸素をなくして「火を消す」というやり方です。

引火した炎が消えたら、焦げたチップ、燃えたチップだけを取り除いて捨てましょう。

この方法なら、新しいチップを加えれば燻製を再開できますよね。

鍋のフタ(不燃性で受け皿より大きいもの)などをかぶせます。

その動作より先でもあとでも、熱源(コンロ)は切リます。

どうしても消えない場合は、受け皿を取り出して水をかけましょう。

このようなときのために用意しておくと良いもの!

* 耐熱グローブ(手袋)

* 火バサミ(食材をつかむトングとは違う)

燻製チップの燻し方のおさらい

燻製チップを使いこなすために、燻し方の基本を

燻製に使う燻煙材は、「チップ」と「ウッド」の2タイプがあります。

そのうちの「チップ」の使い方・燻し方をおさらいしていきます。

名前の通り、チップは木を細かい「チップ状」にしたものになります。

チップの使い方の特徴は、火を直接つけないので熱源が必要であることです。

焚き木のようにはしません。

チップは金属製の皿や鍋の底に盛って、その皿や鍋の下から火であぶって発煙させます。

チップにはウッドに比べて、量を調整しやすいという利点があります。

チップの量を増やすことで、多くの煙を出すことができるので、短時間で燻製する方法「熱燻(ねっくん)」に向いています。

また、チップをごく少量にすることもできるので、小さな燻製器や少量の素材を燻製にする使い方もできます。

ここで、「熱燻」とその他の「温燻(おんくん)」「冷燻(れいくん)」について簡単に説明しておきますね。

熱燻(ねっくん)
80~100℃くらいの高温で煙をかける方法です。

温燻(おんくん)
60℃くらいの中温で、食材を燻製にする方法です。

冷燻(れいくん)
20℃以下の温度で、ゆっくりと煙をかける方法です。

◎ それでは、チップの燻し方「熱燻」での使い方を押さえていきましょう。

チップの量は、燻製1回分につき「ひと握り(手のひらに乗せて握った手にできる程度)」を基本とします。

チップを燻製器の受け皿に置きます。

鍋を使う場合は、焦げ付き防止のためにアルミホイルを敷いてからにしましょう。

受け皿を火にかけます。

はじめは中火くらいで、煙が出てきたら弱火にしましょう。

燻製中は、火が消えていないかの確認が必要です。

食材別の時間の目安

ベーコン:5分
ベーコンはそもそも燻製なので、「熱燻」で煙の風味をつける程度にします。

ソーセージ30分
スーパーで販売しているソーセージで、30分程度。

鶏もも肉(骨なし)15分
「ふり塩」で、「ローストチキン風仕上げ」にします。

– ポイント

香り付けする程度なら5分~15分。

色艶よく仕上げたいなら30分。

加熱が必要な食材は1~2時間。

温度調整などの詳しいレシピ、食材別のレシピについては、「やってみた!」という人たちのレシピサイトや動画をチェックしてみてください。

スモークチップの種類について

スモークチップの種類もおさらいしておきましょう。

サクラ
香りが強く、豚肉や羊肉、秋刀魚などとの相性が良いです。

ヒッコリー
渋味や酸味があり、「燻製の味」を感じられます。

リンゴ
リンゴのフルーティな香りが特徴です。上品な燻製ができあがります。

ナラ
色つきがよく、やさしい香りで魚介類やチーズに合います。

クルミ
香りにクセがないので、幅広い食材に使えます。

まとめ

燻製チップが引火したときの対処は、「水をかける」よりも「フタをする」ほうが良いです。

理由は、本文でお伝えした通り。

燻製チップの燻し方もおさらいして、より楽しく燻製を味わってください。

ブログシェアのお願い
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その他の関連記事