燻製の熱源で炭のおすすめは?火の起こし方や燻製の仕方

炭を使うと味が違うのかなぁと、グルメな男性は燻製も炭火でやってみたいと思うようです。

焼き鳥も焼肉も炭火焼きって美味しいですもんね。

今回は、注意するポイントも含めて燻製の熱源に炭火を使う方法を調べてみました。

どんな炭を使うのか? 火の起こし方は?燻製の仕方は? などなど…。

よかったら参考にしてくださいね。


[quads id=3]





燻製の熱源で使う炭のおすすめは?

燻製で使う炭は黒炭か? それとも白炭(備長炭)か?という話になります。

バーベキューでよく使われているのは黒炭です。

価格が安いことと、炎が立ちやすいということから重宝されています。

しかし、あまり火持ちしないので黒炭は燻製には不向きだと言われています。

白炭(備長炭)は少量でも温度が上がり、赤外線量が多いことから、焼き鳥や焼き肉の炭火焼きに使われます。

料理人さんは、白炭(備長炭)を好まれます。

赤外線効果で食材のうまみを逃がさずに焼くことができるからです。

燻製におすすめなのは、火が長持ちする「白炭(備長炭)」です。

ただし、白炭(備長炭)に火が着くまでには時間がかかるので忍耐が必要ですよ。

[quads id=1]

炭火を使った燻製の仕方は?

炭火を使った燻製の仕方については、「白炭(備長炭)の火の起こし方と温度調整」と「七輪を使った燻製」を参考にしてください^^

– 白炭(備長炭)の火の起こし方と温度調整

白炭(備長炭)の火の起こす場合は、別の場所(道具を使ったりして)で火起こしをしてから
燻製器にセットしていきます。

温度調整は、温度が下がれば継ぎ足し、上がり過ぎれば取り出しと調整します。

火の起こし方については、参考になりそうな動画を見つけました^^

新聞紙を上手に使っています。

– 七輪を使った燻製

炭火を使って燻製する方法に、七輪を用いる方が多いです。

一つの例として、七輪の上に焼き網を置いてダンボール箱をかぶせる方法を紹介します。

火の部分は、七輪の中の下から説明します。

火皿の上に火を起こした炭を置きます。
アルミホイルをかぶせます。(チップに引火しないように)
その上に燻製チップを乗せます。
チップから煙が出始めたら、焼き網と食材をセット。
ダンボール箱をかぶせます。
あとは、できあがりを待つだけ。

– 商品で使えそうなスモーク料理もできるバーベキューコンロ

次のような商品を使えば、スモーク料理は楽しめますよ。

* CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)
マルチ ミニバーベキューコンロ

* コールマン パーティーボールグリル


* MYCARBON バーベキュー コンロ

まとめ

上級者のアドバイスでは、バーベキューをメインにして、ついでに「炭火の燻製」に挑戦するくらいがいいそうです。

慣れるまでは、炭火の扱いは難しいみたいですが、なれるととても楽しそうです^^

一緒によく読まれている記事はこちら

「燻製のチップから煙が出なくて失敗してしまった」 何がダメだったのかを知って、これからも燻製を 楽しみたいと思っている人に向けて、燻製用チップ 煙が出ない理由と適正な使用方法についてリサーチ してみました。 燻製用チップの保存方法も大事なんですよ! 参考にしてくださいね^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする





その他の関連記事