化粧品の使用期限や開封後の目安はどのくらい?残った時の使い方紹介

毎日つかう化粧品。
でも、シーズンごとに新製品が出る頃になっても、
使い切らずに残ってしまうのが化粧水、乳液、
クリームなどの基礎化粧品ではないでしょうか?

また、いつのまにか似合わなくなって、
使いかけのルージュやファンデーション、
アイシャドウが、洗面所の引き出しの奥や
化粧ポーチの底に残ったまま…(-_-;)
と言う事も多いですよね。

こういう化粧品っていつまで使えるのでしょうか?
気になった方はこちらでチェックしてみましょう^^






化粧品の使用期限っていつまで?

そもそも、化粧品の使用期限ってあるのでしょうか?
お手持ちの化粧品を手にとってご覧いただけますか?

ほとんどの百貨店やドラッグストアで売っている商品には、
使用期限は載っていません。

化粧品の使用期限は、医薬品医療機器等法(旧薬事法)
という法律等で規制されています。

この法律等によると、
未開封のまま快適な環境で保管されている場合に、
製造から3年間が品質保証される場合には、
使用期限は記載する義務はありません。

つまり、使用期限が書かれていない化粧品は、
未開封で家においてあれば、
製造から少なくとも3年間は使える
ことになります。

でも、ここで気になるのは、
あなたが買ってきた日は製造日ではないことですね。
化粧品は、野菜や魚のような生鮮食料品と異なって、
昨日製造した化粧品が、今日店頭に売っている
と言うことはまずありません。

だから、3年まるまる使えると思うのは、
無理がありますね。

メーカーにもよりますが、使用期限ギリギリの商品を
販売することはないと思われますから、
買った日から1年と半年から2年ぐらい
使えると思っていいでしょう。

開封後はいつまでに使い切る方がいい?

でも、1年と半年から2年ぐらいは使えるのは、
あくまでも、保管状態がいい、未使用の状態です。
開封してしまったら、使用できる期間は短くなります。

その理由は、主に雑菌の繁殖です。
空気にふれて酸化しますし、手に触れて、
雑菌が繁殖するので、化粧品はどんどん劣化していきます。

なので、化粧品は直接デリケートな顔につけるものですから、
雑菌が繁殖する前に早く使い切るのがおすすめです。

基礎化粧品の化粧水や乳液、クリームなどは、
まず、使用上の注意として、手に取ったらそのまま
使い切るようにするのが、長く使うコツです。

手はあちこち触るから、雑菌だらけです。
そんな手で触れた化粧水を瓶に戻したら、
残りの化粧水が雑菌まみれになってしまいます。
雑菌は目に見えないので、見た目にはわかりません。

でも、雑菌をデリケートな肌に塗ると、ニキビや炎症など、
肌荒れを起こしかねません。
注意して、長く使えるようにしましょう。

そのように、注意して使っていても、
雑菌は水分が多いと繁殖するので、
基礎化粧品の化粧水や乳液、クリームなどは、
基本的にワンシーズン、4ヶ月で、長くても
6ヶ月程度で使い切る
のが望ましいでしょう。

リップクリームやルージュなど、唇に直接つけるものは、
唾液がつくので、雑菌が付きやすくなります。

リップブラシを使って、塗ると長く使用できますが、
それでも1年が限度でしょう。
直接唇につけている場合には、その半分の半年が目安です。

もっとも、使用期間が短くなるのは、アイライン、マスカラ、
リキットアイライナーなど、目の周りの粘膜に使用するアイテムです。
目ぱちこ、ものもらいや結膜炎の原因になりますので、
3ヶ月程度が目安です。早く使い切るようにしましょう。

その他、ファンデーションや化粧下地、日焼け止めクリームなど、
リキッド状やクリーム状のものも、水分が多いので、
基礎化粧品と同じように長くとも半年で使い切りましょう。
チークやアイシャドウ、ハイライトでパウダー状のものだと
雑菌が繁殖しないので、1年から2年程度は使えます。

使い切れなかった場合は?

使いきれなかった場合には、もったいないからと、
冷蔵庫に入れて、使うのはやめましょう。
いくら高い化粧品であっても、
雑菌はプチプラの化粧品と同様に繁殖します。
きっぱりと捨ててしまいましょう

去年使った日焼け止めをまた今年も使うとか、
1年前の冬に使った保湿ジェルを今年も使うのは
やめましょう。
肌荒れの原因になるだけです。

また、それ以前であっても、変色や異臭がするようになったら、
使用しないようにしましょう。

最後に、最近では使用期限の明記されたオーガニック製品など、
製造から3年以内の使用期限の化粧品もあります。
その場合には、決められた期限内に使い切ることが大切です。

まとめ

化粧品は、使用期限が明記されていなかったら、
保存状態が良ければ製造から3年以上は使用可能です。

未開封ならば、だいたい買ってきたら
1年から2年ぐらいは使用できます。

開封してしまったら、目の粘膜に使うアイメイク類は、
3ヶ月、基礎化粧品やクリーム、リキッド状の水分が多いものは、
長くても半年で、ルージュはペンを使って1年、
パウダー状のメイクアップ類は、1年から2年程度で使い切りましょう。
そしてきちんと捨てましょう。

使用期限の明記された化粧品は、使用期限を過ぎたら、
また、異臭や変色があったら、同じように捨てましょう。

一緒によく読まれている記事はこちら

[blogcard url=”https://reira01.com/1905.html”]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする





その他の関連記事