つわりがしんどい!妊娠悪阻で動けなかった体験と辛い時期の過ごし方

つわりは、皆さん大なり小なり経験すると思いますが、
私の経験したつわりは「重症妊娠悪阻」でした。
苦しいながらに、何か策はないかと検索してみても、
経験している方の記事を見つけることが出来ずに
鬱になってしまいそうでした。
そんな経験から、私が体験したのはこんな感じだったよ。
これをしたら少し良くなったよ。
をお伝え出来たらなと思います。







日常の疑問本文スタート

妊娠8週目に動けなくなった

重度妊娠悪阻は、全妊婦の1%~5%もいない
重度の病気と診断されるものです。
検索しても、安定期を過ぎると良くなる。
と書いている物ばかりで、私はいつになったら
おさまるかな。と思いつつ、結局産むまで
吐いていました…。
つわりは病気じゃない。と言う方もいますが、
私、昔に生まれていたら生きていられなかったかも、思いました。
症状は、さまざまで、吐き気・嘔吐・よだれがでる・
食欲不振・頭痛・ニオイがダメなどがあります。
私は、8週目までは、船酔いした感じで、

吐き気はありましたが何とか動くことが出来ていました。

が、8週目あたりから急に動けなくなりました。
何を食べても吐く、しまいには水も飲めなくなり、
ゴミ袋を持っていないとトイレまで間に合あない状態でした。
病院に行くと、即入院。
その時、尿検査をするのですが、尿も出ず・・・
何とか少しばかり出た尿を検査すると、
ケトン体+3。白く濁っていました。
入院する時、とにかくニオイがダメだったので、
個室にしてもらいました。
ご飯のたびにニオイがしたらそれだけでアウトでしたので。

点滴が・・・

まずは、何も食べれていないので、
点滴をしてもらいましたが…
血管がかなり細くなっていて、入らない(´;ω;`)
何度もさされるのが苦痛でした。
1回は手が上がらないぐらいしびれて我慢できず
抜いてもらったら、針が曲がっていたことも(;’∀’)
しかし、この点滴で、すごい元気が出ました!!

点滴すごーい!!!と感激!
体がすごく軽くなったことを覚えています。

脱水症状になっている体に水分を入れると、
とても楽になるのです。
1週間ほど何も食べず、点滴のみで過ごしました。
食べもせず、動きもせず、ずっと寝ているので、
3日目辺りから、ご飯の放送があると、お腹すいた~
と思っていたのを思い出します(笑)

食欲だけはありました(;”∀”)
やっと少し食べれるようになってきた2週間後退院しましたが、
点滴をやめるとまたすぐに吐き気がひどくなり、また入院。
結局1か月は入院しました。

この間、あまりご飯を食べていないけど、赤ちゃんに
栄養入っているのだろうか?
と少し心配で、先生に聞いてみたところ、
「赤ちゃんには、お母さんの栄養がちゃんと言っているから
心配しなくて大丈夫だよ」
と、教えてくれました。

良かった^^
そして、食べた物も、
2分でも3分でも飲み込んで、
我慢していたら栄養を吸収してくれるそうです

体ってすごいですよね。

しかし、まあ、言葉にならないくらい辛い日々。
この辛い日々を支えてくれていたのは家族はもちろん、
お腹にいる赤ちゃん。
寝ても覚めてもずっと吐き気に襲われて、狂いそうな
気持ちを、この子も頑張っているから頑張ろうと
思えました。

実は2人

こんな苦しい日々を過ごしたのに、4年後また命を授かります。
人間って忘れる生き物なんですね~(笑)

2人目はなんだか1人目より軽い気がしていたのですが、
(1人目の時は安定期入ってから手術もしていたので
つわりがひどかったのはそのせいだと思っていました)
が、しかし!!甘い考えでした…

2人目の時は5週目で動けなくなってしまい、
自分の面倒すら見れないのに上の子は甘える・・・
1人目の時より大変でした。

今回は、吐き気も凄いのに、よだれがとめどなく出てくる。
吐く前のなまつばが出る状態が続く感じです。
まさに、地獄でした…

私は、なんでこんな死ぬような思いを
しないといけないんだろう・・・
とぐるぐる考える日々でした。

1人目、点滴が良かったので、今回は早めに先生に言って
点滴に通いましたが、やはり通うだけでは間に合わず、
入院・・・。
また1人目と変わらない状態を過ごしました。

この経験をして、少しでもどうしたら吐かずに
いられるかなど試してみましたが、
私の場合、左を下に横向きになると
少しムカムカがおさまっていました。
吐き気を抑える漢方も処方してもらったりしましたが、
その薬を飲む前にニオイや味がダメで、飲むと余計ダメでした。
合う人はこれで、とても楽になるそうです。

結局私は、時間がったって落ち着くのをただひたすら
待つだけでした。7か月ぐらいになってやっと動けるようになり、
吐き気はあるものの、何とか乗り切ることが出来ました。

1人では耐えられなかった

動けない間も、病院に入院している時も
しっかり支えてくれたのは母でした。
母がいなかったら、私は子供を産めなかったかもしれません。

母も産むときは大変な思いをして産んでいる事なども
その時に聞くことが出来ました。
母の偉大さをこの時、心底感じました。

そして、
「つわりがひどい分とってもいい子が産まれてくるよ^^」
と言う言葉も、とても励みになりました。
どんだけいい子が産まれるんだろ♪
と言うのも心の支えの1つでした。
そして、今では本当に2人産めてよかったな。
と心から思います^^

さいごに

動けなくなる前に点滴をしてもらうととても
楽になるので、早めに相談してみてください^^

今はとてもしんどいですが、お腹にいる子供と
会える日を励みに1日1日過ごしてみてくださいね。

産んだ後、ご飯がビックリするぐらい美味しいし、
本当に嘘のように吐き気が治まります。

その日は絶対やって来ますよ^^

ブログシェアのお願い
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その他の関連記事