ゴキブリ退治に効果てきめん!ホウ酸団子の作り方と置く場所や注意点

梅雨前になると姿を現しだす黒い物体・・・

そう!ゴキブリちゃんww

見かけてもスプレーを取りに行っている間に姿が見えなくなっていることがしばしば(;゚Д゚)

あんまりスプレーを使うのも好きではないので、実家でいつも作っているゴキブリだんごを教えてもらい作っておいてみたら、姿を見なくなりました!!

効果バッチリのゴキブリ団子の作り方や置き場所・注意点などご紹介いたします^^

[quads id=3]





ホウ酸団子について

ホウ酸団子(ゴキブリ団子)は食べたら脱水症状を引き起こし、駆除できるタイプの物です。

ホウ酸団子を食べたゴキブリちゃん達の死骸を水まわりで発見する事が多いのはそのためです。

ホウ酸団子の効き目は約3~6ヶ月程度です。
(場所やホウ酸団子の中に入れている物で期間にばらつきがあります)
使用期限を過ぎたらなるべく早めに取り替えましょう。

効き目が現れるのは、ホウ酸ダンゴを食べてから半日~3日ぐらいです。

あと、残念ながら卵には効果がありません

なので、ゴキブリがいなくなっても、ホウ酸団子は一時置いてある方が確実ですし、家の中にいなくても、外から入ってきてしまうので出来れば定期的に置いておくことをお勧めします。

簡単なホウ酸団子の作り方

作り方は色々ありますが、管理人はシンプルで作りやすい物をご紹介いたします^^

材料 (約50個分)
〇ホウ酸・・・500g
〇玉ねぎ・・・400g(3~4個)
〇小麦粉・・・200g
〇砂糖・・・・18g
〇牛乳・・・・12g*ビニール袋
*おかず入れ
*ビニール手袋

作り方

①玉ねぎをすりおろす。
(みじん切りやミキサーでもいいです)
②材料をビニール袋に入れ、しっかり混ぜ合わせる。
③団子の固まりを作り、おかず入れなどの銀紙に並べる。
④直射日光で白くなるまで3日間ほど十分に乾燥させる。

以上になります!とても簡単ですよね^^
新玉ねぎの場合水分がとっても多いので結構ドロドロになります。

私はビニール袋で混ぜた後、端を少し切ってそのまま型に流し込みます。

手も汚れずいいですよ^^

強力に効くと言われているのがアニスと言うハーブと植物油を混ぜて作るホウ酸団子です。

こちらはホウ酸100gの物を紹介いたします。

材料
〇ホウ酸・・・100g
〇小麦粉・・・50g
〇植物油・・・大さじ2
〇アニス・・・1束
〇玉ねぎ・・・小4分の1

作り方は同じで、混ぜるだけすが、アニスはミキサーで細かくした方が早いです。

アニスは殺虫効果もあり、ゴキブリも大好きな香りで寄ってきやすいのです。

台所だけアニス入りを作ってもいいですね!

作った後はしっかり手を洗いましょう。

[quads id=1]

置く場所と注意点

ゴキブリが好む場所は、

湿気があり30℃くらいの暗くて狭い場所です。
そして好きなにおいは、
タマネギ・ニンニク・ニラなどのネギ類
じゃがいも
乾物
油の臭い
砂糖
アンモニア臭
ゴキブリの糞や仲間の匂い
腐敗臭

などになります。

逆に言えばこの辺りにホウ酸団子を仕掛けたりキレイにしておけばいいですね!

具体的には、

①台所
(流し台の隅の方 食器棚の奥 棚の上)
②風呂
(衣類場 洗面所)
③居間
(押入れの奥 テレビ、タンス、本棚、机などの裏 )
④玄関
(下駄箱の中)
⑤物置

などまんべんなくおきますが、人目に付かないで湿気があり、冬でも暖かい場所に潜んでいます。

特に台所は大好きなものが多いので、重点的に置いておきましょう。

後は、各部屋に2~5個ぐらいでいいです^^

小さいお子様やペットがいる方は注意が必要です。

ホウ酸は比較的安全であるとされていますが、乳幼児だと約5g、大人で約20gが致死量といわれていてとても安全とは言い切れません(^^;

置く場合は手の届かない所や、奥の方におくようにしてください。

まとめ

見るだけでもゾッとしてしまうゴキブリちゃん・・・

嫌な思いをするだけでなく、ウイルスや病原体を媒介させてしまうのでしっかり対策をいたしましょう!!

一緒によく読まれている記事はコチラ

[blogcard url=”https://reira01.com/1303.html”]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする





その他の関連記事