子供の水虫対策!!市販の薬を使わずアロマで治す方法をご紹介

夏になってくると水虫が気になりなりだします。

足がムレることが続いたら要注意です!!

そして(; ・`д・´)

子供も大人と変わらず水虫の症状が現れます(;’∀’)

今回は市販の薬は強そうであまり使いたくないけど
水虫は治したい!
と言う方にアロマを使った水虫対策や使い方など
ご紹介いたします^^






水虫の原因

水虫は白癬菌(はくせんきん)
というカビが原因で起きます。
特に感染して症状が出やすいのが足です!!

なぜ足が多いのかと言うと、
靴などで足がむれ、高温多湿になるため、
菌が繁殖しやすい環境になるためです(; ・`д・´)
梅雨から夏にかけては、特に注意が必要です。

感染ルートは、ズバリ!!水虫に感染している人。

水虫に感染している人が使ったマットやスリッパに
ふれる事で菌が移る事があります。

温泉やプールなど裸足で歩くところは気を付けていても
どうしても感染する場合があります。

主な水虫の症状は

〇小水疱型(しょうすいほうがた)
小さな水泡が出来る。かゆみも強く、足の土ふまずや、
指の付け根部分などに赤い水泡が出来ます。
水泡はあまり目立たず、薄い皮がむけるだけの人もいます。

〇趾間型(しかんがた)
足の指の間が赤くなり、かゆみが出る。
ジクジクするのが特徴で、水虫に多いタイプはこれになります。

管理人の子供は、「なんか足の皮がむけてるんだよね~」
というのでビックリして確認したところ、ジュクジュクはしていないので
小水疱型のようでした・・・
かゆみはないようですが(;’∀’)



対策

次に対策ですが、1番はやはり
☆足をいつも清潔にするという事
足の指の間までキレイに洗い流しましょう!
白癬菌は付いたからすぐ感染するわけではなく
24時間以内であれば、洗い流すことで予防することが出来ます。

子供さんは特に足の指の間など、サッと洗って終わりにしがち・・・

しっかり洗えるよう教えてあげましょう^^

☆乾燥させる
白癬菌は湿ってジメジメした環境が大好きです。
活動が活発になるのが26℃前後、湿度70%以上です!
靴など履きっぱなしの時は、湿気を逃がしてやったりしながら
環境を整えましょう。
靴は1つの物を毎日履くのではなく、
交互に履いたり、履かない時は陰干しをするのがお勧めです。

☆温泉・プール・ジムなどの施設の利用の場合
足は特にキレイに洗いましょう。

☆家でもうつらないように、掃除やマットの使い方には気を付けましょう。
共有せず別々の物を使うと良いです。

アロマを使ったケアの仕方

水虫の治療は
「治ったな!!」
と思ってからも2週間は続けてください。
なかなか治らない方は治ったからと言って、
すぐ治療を止めてしまう方が多いです。

なかなか厄介な水虫(; ・`д・´)
市販の薬は強そうであまり子供には使いたくなく、
アロマで改善する方法を試してみました。

毎日安心して使う事が出来ますよ(^^♪

材料
・ ティーツリー 4滴
・ ホホバオイル 10ml

①ホホバオイルにティートリーオイルを加えてよく混ぜる。
②綿棒で患部に塗ります。
☆1日に3~4回、毎日塗りましょう。

その他に、におい対策をしつつケア出来る物。

材料
・ホホバオイル 10ml
・ティートリー 2滴
・ゼラニウム  1滴
・ラバンサラ  1滴

①ホホバオイルにアロマオイルを垂らし良く混ぜる。
②綿棒で患部に塗ります。
☆1日に3~4回、毎日塗りましょう。

*妊娠6か月以内のかたは使用しないでください。

ティートリーには抗真菌作用があり、傷の手当や
皮膚の感染症に効果があります。爽やかな香りですよ^^

まとめ

厄介な水虫は、治すのにも根気がいりますが、
毎日香りも良い物を使うとケアも楽しくなります^^

市販の物に比べ、優しくケアできるアロマエッセンス
一度お試しください^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする





その他の関連記事