新生姜の甘酢漬けの冷凍保存!食べるときはどうする?解凍や期間について

新生姜の甘酢漬け冷凍保存

今回の話題は、新生姜の甘酢漬けの冷凍です。

手作りした新生姜の甘酢漬けを保存するときは、冷蔵保存するのが通例ですよね。

このページでお伝えするのは、新生姜の甘酢漬けの冷凍保存したらどうなるかという話です。

旬の季節に手に入れた新生姜を甘酢漬けにしようと考えている方や保存方法が気になっている方。

冷凍した場合の食べるときはどうするのと気になっている方や新生姜の甘酢漬けの冷凍保存について疑問に思っている方は必見!

どうぞご覧ください^^

今回の話題は、新生姜の甘酢漬けです。 このページでは、新生姜の甘酢漬けの茹でないレシピについてお伝えします。 新生姜の甘酢漬けの作り方は...




新生姜の甘酢漬けの冷凍保存について


新生姜の甘酢漬けの冷凍保存については、漬物メーカーではおすすめていません。

漬物は水分が多く含まれているので、冷凍すると品質が変わってしまうという理由からです。

新生姜の甘酢漬けを手づくりをしている一般家庭では、わりと冷凍保存しています。

商品ではないので「品質保証」を気にすることはないのでしょうね。

一般家庭では調理して食べるという手段があるから、新生姜の甘酢漬けを冷凍することも問題とはしていないのかもしれません。

新生姜の甘酢漬けの冷凍保存のやり方は?

ジップロックなどに新生姜の甘酢漬けを食べきる量に小分けして、冷凍庫に保存するというオーソドックスな方法です。

新生姜の甘酢漬けを料理に使う場合は、冷凍する前に細かく刻んでおくことをおすすめします。

新生姜の甘酢漬けの冷凍!食べるときはどうする?

半解凍で冷たい「新生姜の甘酢漬け」を楽しむように食べる。

このような食べ方もあります。

冷凍保存した新生姜の甘酢漬けの解凍方法としては、冷蔵庫で自然解凍するのが無難です。

冷凍保存した新生姜の甘酢漬けを料理に使う場合は、電子レンジの解凍モードで解凍してください。

細かく刻んで冷凍した「新生姜の甘酢漬け」を料理に使う場合は、「炒めもの」または「サラダのトッピング」などにすると、漬物としての食べ方とは違う味わいを楽しむことが可能です。

解凍した「新生姜の甘酢漬け」を「炒めもの」例としては、チャーハンや焼き肉(野菜炒め風)は手軽に調理できます。

チャーハンに利用すると、「新生姜の甘酢漬け」と卵の相性の良さで味が引き立ちます。

豚肉の細切れに「新生姜の甘酢漬け」を混ぜて炒めて、しょうゆ、みりん、ゴマ油を足せば、いつもと違う生姜焼きのできあがりです。

解凍した「新生姜の甘酢漬け」を「サラダのトッピング」にするのであれば、シャーベット状のままでドレシングのようにして使ってみてください。

「新生姜の甘酢漬け」をシャーベット状にするポイントは、細かく刻んだ新生姜の甘酢漬けと漬け汁をいっしょに冷凍保存することです。

「新生姜の甘酢漬け」のトッピングは、冷奴や湯豆腐、ナスの炒めもの、ナスの丸焼きにも使えます。

期間はどのくらいもつ?

「新生姜の甘酢漬け」の冷凍保存の日持ち期間については、明確な正解は見当たりません。

冷蔵保存でも衛生面に注意すれば半年から1年は大丈夫ですから、冷凍保存も腐らないというて点では1年は大丈夫でしょう。

衛生面というのは、ジップロックを使うなら新しいものを使う、詰めるときは手袋をするなどです。

「新生姜の甘酢漬け」を冷凍保存した場合、味や食感は新鮮さが落ちるのは仕方がないところです。

冷凍保存した「新生姜の甘酢漬け」は、そのまま食べるよりも料理に使ったほうがおいしく食べられるでしょう。

まとめ

新生姜の甘酢漬けの冷凍保存方法は、ジップロックなどに新生姜の甘酢漬けを食べきる量に小分けして、冷凍庫に保存するというオーソドックスなものです。

新生姜の甘酢漬けを料理に使うことを考えた場合は、冷凍する前に細かく刻んでおくことをおすすめします。

「新生姜の甘酢漬け」の冷凍保存の日持ち期間については、冷蔵保存でも衛生面に注意すれば半年から1年は大丈夫ですから、冷凍保存も腐らないというて点では1年は大丈夫でしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする





その他の関連記事