蟻が家の中に入ってくる原因と台所に小さいのがいた場合の侵入ルート

外にいるはずの蟻が家の中にいるとビックリしますよね。

なんでこんなところに!

と言いたくなります。

きっと、甘いものに寄ってくるんだろう。

それくらいは想像できても、部屋を見る限りでは、その「甘いもの」が
ないこともあります。

アイスクリームを食べたあとのカップやフタ。

そういうものがゴミ箱に入っていているわけでもない。

この蟻は家の中にどうして入ってきたんだろう。

今回は、「蟻が家の中に入ってくる原因」「台所にいたアリが小さい場合
の侵入ルート」をお伝えします。

蟻が家の中に入って来て困っている人は、どうぞ参考にしてください。







日常の疑問本文スタート

蟻が家の中に入ってくる原因

砂糖がこぼれているとかアイスのフタがそのままだったとかそのような
状況でなくても蟻は部屋に侵入することがあるようです。

蟻が家の中に入ってくる原因で考えられるのは、ニオイです。

たとえば、フルーツのニオイ。

冷蔵庫にしまわないでテーブルに出したまま、その甘いニオイを蟻は嗅ぎ
つけることがあるようです。

また、庭のほうから蟻が侵入してくるばかりではありません。

家の中に、蟻の巣ができていることもあるんです。

部屋の中に腐りかけている木材があれば、そこは要注意です。

観葉植物や部屋に入れている植木鉢も、チェックが必要です。

植木鉢に巣を作っている場合があるんです。

家の中に入ってきたのではなく家に中に生息して、そこから甘いニオイを
求めて出てきたということもあるわけです。

「観葉植物の鉢についた蟻の駆除方法」をYouTubeで見つけましたので、
観葉植物の蟻の巣に困っている人はご覧ください。

https://youtu.be/NrNvxtK9tvg

薬剤を使う場合は、「アリの巣コロリつぶジェルスプレー」を使う方法も
あります。

こちらは、アリの巣コロリの粒ゼリーがスプレーになっています。

観葉植物の葉っぱや土の上にスプレーして、粒ゼリーを蟻に持ち帰らせる
ようにします。

蟻が家の中に入ってくる原因は、家の中に巣を作っているかもしれません。

蟻の様子をよく観察して、巣の場所を特定しましょう。


台所にいたアリが小さい場合の侵入ルート

台所で洗い物をしていると、小さいアリを見つけた。

大量に集まっているわけではなく、こちらに1匹あちらに1匹という感じ。

アリが小さいので姿を追うのが難しく侵入ルートがわからない。

なぜ、台所にアリがいるのでしょうか?

台所にアリが寄ってくるのは、食べるものを求めてくるのは間違いありま
せん。

意外なのは、アリは、肉や魚、乳製品なども食べるということです。

甘いものばかりではないのです。

雑食性のアリですね。

虫の死骸に集まるようなアリは雑食性なので、何でも食べると思ったほう
が良いです。

体長が小さいのは、イエヒメアリやルリアリです。

2mmくらいです。赤っぽいのはイエヒメアリです。

ルリアリは黒いです。

家の中にいるアリは、老朽化している木材を巣を作るために利用すること
があるそうです。

ルリアリは、動物性のたんぱく質を好み、機械油も求めて集まるそうですよ。

ですから、まれに家電に侵入して巣を作ることがあるようです。

家の中のどこかにアリが巣を作ってしまった場合は、そこでアリが繁殖
します。
卵を産んで、育てられて、アリが増えるということです。
繁殖のためにも、巣に運ぶ「食べるもの」を求めて、アリが台所に姿を見
せることがあるというわけです。

家の中に潜むタイプのアリを駆除する場合は、自分の手に負えないかも
しれません。

その場合は、プロの業者に依頼することも考えてみてください。

まとめ

食べかすがなくても、甘いニオイだけで、集まってくることもあるようです。
また、雑食性のアリは、甘いものだけに集まってくるわけではなく、動物性
のたんぱく質を好み、肉や魚、乳製品、機械油までも求めてくるようです。

家の中に巣を作られてしまって、市販の薬剤でもアリの巣を全滅できない
場合は、プロの業者に依頼することも考えてみてください。

一緒によく読まれている記事はこちら

[blogcard url=”https://reira01.com/3888.html”]

ブログシェアのお願い
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その他の関連記事