窓ガラスの熱割れ放置するとどうなる?賃貸での交換費用など紹介

窓ガラスが自然にひび割れしてしまう原因は、
窓ガラスの熱割れによるものです。

今回は、窓ガラスの熱割れを放置するとどうなるのか、
窓ガラスの熱割れで賃貸での交換費用は貸しているほうが
払うのか借りているほうが払うのかを気にしている人たち
向けにお話をまとめてみました。







窓ガラスの熱割れとは?放置するとどうなる?

はじめに、「窓ガラスの熱割れとは?」「放置するとどうなるのか?」
のういてお伝えしていきます。

窓ガラスの熱割れとは?

窓ガラスの熱割れとは、一枚の窓ガラスの中に温度差によって
ひび割れが生じる現象
のことです。

一枚の窓ガラスに温度差ができてしまうのは、直射光を受ける
部分とサッシに隠れている部分です。

直射光を受ける部分は、窓ガラスが熱によって膨張します。
サッシに隠れている部分は、温度が上がらないので膨張しません。

膨張しようとする力とそのままを維持している力が同時に働いて、
ひび割れが生じてしまうのです。

もっとも窓ガラスの熱割れが発生しやすい季節は冬です。
直射光を受ける部分とサッシに隠れている部分の温度差が大きく
なりやすいからです。
冬の晴れた日の午前中は、特に窓ガラスの熱割れが起きやすいのです。

窓ガラスの種類で熱割れが発生しやすいのは、ワイヤー入りの
窓ガラスです。
衝撃によってバラバラになりにくい構造にはなっているのですが、
ガラス以外の物質が混ざっているので、ワイヤー入りの窓ガラスは
熱割れが発生しやすいのです。

ワイヤー入りの窓ガラスで、いつの間にひび割れしたんだろう?
と思うケースは、熱割れが発生したものと考えて間違いありません。

放置するとどうなる?

熱割れした窓ガラスを放置するとどうなるかという問題については、
ワイヤー入りの窓ガラスなので、粉々になってしまう心配はありません。

まったくないとは言い切れませんが、頭の上に窓ガラスが降ってきて
ケガをするような割れ方をすることはないでしょう。

窓ガラスの熱割れは安全か危険かということでは大きな問題は
ないのですが、窓ガラスを交換する場合の費用のほうに影響が
出てきます。

これついては、次の「窓ガラスの熱割れで賃貸の場合の交換は?」
でまとめてあります。

意外な盲点がありました。


窓ガラスの熱割れで賃貸での交換費用は?

先ほども少し触れたように、窓ガラスの熱割れを放置した
場合には意外な盲点がありました。

それは、窓ガラスの交換の費用を誰が負担するのかに影響が
あるのです。

賃貸の場合の交換は?

賃貸の場合、窓ガラスの交換は経年劣化によるひび割れで
あるなら貸主の負担
になるそうです。
窓ガラスの熱割れのように、自然にそうなってしまった
場合も当てはまるということなのです。
しかし、自分で割ったひび割れかどうかを証明しにくい
状況
だと、部屋を借りているほうの負担になります。

そういうこともあって、窓ガラスの熱割れでも放置して
いると、交換する費用は借りている側の負担になるケースが
ほとんどなのだそうです。
窓ガラスの熱割れだとしても、近くでストーブを使用していた
ことが原因であるなら、窓ガラスの交換費用は入居者の負担に
なります。

窓ガラスの熱割れの対策は?

自分で窓ガラスの熱割れを起こさないようにするには、
次のようなことに注意してください。

* エアコンの吹き出し空気やストーブの熱を窓ガラスに当てない。
* 窓ガラスにフィルムなどを貼らない。その部分の日射吸収率が
高くなるので。
* 窓ガラスの室内側にカーテンやブラインドを密着させない。

まとめ

ワイヤー入りの窓ガラスの熱割れを放置していても、粉々に
なってしまってケガをしてしまうというケースはほとんど
ないようです。

それよりも心配なことは、交換する場合の費用です。

自然現象によって割れしてしまったのか、自分でひび割れさせて
しまったのかを判断するのが難しくなるので、賃貸の場合は
「自己負担」になるケースが多いようです。

ワイヤー入りの窓ガラスが熱割れしても放置してしまっている
家が多いのは、そのせいかもしれませんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その他の関連記事