運動会で雨が降った場合の対策はどうする?便利な持ち物など紹介

子育てと学校
スポンサーリンク

きょうは、運動会の日。

テレビで天気予報を見ると「雨が降る」とお天気姉さんが伝えている。

あれ?中止かなぁ?学校からの連絡はまだない。

どうしよう?と困ったことになりそうなママ。

 

そうなる前に、運動会で雨が降った場合の対策を考えておきましょう。

今回は、雨でも運動会が開催される場合の対策や持ち物についてお伝えしていきます^^

 


[quads id=3]

記事本文ここからイラスト

運動会で雨が降った場合の対策

 

「途中で雨が強くなってきたら困るなあぁ」も含めて天候が微妙な時に気になるのは、「運動会の中止の判断について」と「場所取りは、どうするか?」です。

 

面倒だなぁと思うのは、「お弁当の準備」です。

 

そして運動会で雨が降った場合の対策でもっとも気になるのは、カメラとビデオの防水対策ではないでしょうか。

 

- 運動会の中止の判断は?

大多数の小学校は、運動会の中止については連絡が来るようになっていますよね。

それでも、早めに判断できればと思うのが主婦の立場です。

中止になるのは、グラウンドの状態が悪くなった時です。

すべって転んで、どろんこになるようなら完全に中止です。

 

でも、小雨程度でグラウンドは走ることができる場合は雨天決行とする小学校は多いです。

また、雨になった場合の短縮プログラムが準備されていることもあります。

 

– 場所取りは、どうするか?

運動会の場所取りは、まず学校によってOKとなる時間が違います。

「前日〇時から場所取りOK」としている学校もあれば、「当日〇時から」としている学校もあります。

 

雨の場合は、とりあえず場所取りはしてしまえばいいと思います。

雨がひどくなってダメになったとしても、あとでシートは取りに行けばいいからです。

 

– お弁当の準備は?

お弁当の準備は、おおらかな気持ちで作るしかないですよね。(笑)

雨が強くなって中止になってしまった場合は、家で食べるというくらいの余裕で。

どうしても気になるなら、冷凍保存できるようなメニュー(お弁当)にしてしまいましょう。

 

– カメラとビデオカメラの防水対策は?

カメラとビデオカメラについては、防水ケースが販売されています。

自分のカメラ、またはビデオカメラに合う防水ケースを探してみてください。

 

例をあげておきますね。

 

* カメラ防水ケース

 


 

* ビデオカメラ防水ケース


[quads id=1]

持っていくと便利なものは?

 

持っていくと便利なものについては、雨天でも決行する程度の小雨ということで考えていきます。

 

リスト形式であげていきますね。

* 折りたたみの傘
* バッグは、手提げよりもリュックのほうが傘をさしやすい。
* ポンチョ型の雨具(100均やコンビニで買える雨具で充分)
* 靴も注意。(濡れてもかまわない靴にしましょう)
* 防寒のためのアウター(上からポンチョを着る前提で、持っているもので良い)
* ホットドリンク(水筒の中身は、温かいものがいいですね)
* レインハット(土砂降りというわけではないので、あればいいかもという程度)
* 大きなゴミ袋(雨除けやシートにも代用できますよね)
* タオル(濡れた場合に拭く)

 

持ち物を雨から守る対策

 

運動会が中止になるほどの土砂降りというわけではないので、リュックを背負って、ポンチョをかぶれば守ることはできます。

 

やっておけば安心な雨対策は、財布は持たずにジップロックに小銭を入れる、カード類は持っていかない、などのように余計なものは持たないようにすることです。

 

途中で雨が強くなって、スマートフォンや腕時計などを守りたい場合もジップロックは使えます。

 

タオルは、レジ袋に入れるほうがいいでしょうね。

 

まとめ

 

運動会の雨の場合に準備したいものは、リュック(両手を使えるように)、折りたたみの傘、タオル(濡れた場合に拭く)、防寒のためのアウター、ホットドリンク、何にでも代用できる大きなゴミ袋、ポンチョ、濡れてもいい靴です。

 

このあたりがあれば何とかなります。

小物は、レジ袋やジップロックで雨から守りましょう。

 

お弁当の準備と場所取りはやってしまいましょう。

中止になったとしても、お弁当は食べてしまえばいいし、場所取りのシートはあとで取りに行けばすみます。

 

カメラとビデオカメラは、どうしても持って行きたいなら防水ケースの準備を自己判断でどうぞ。

 

一緒によく読まれている記事はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました