磁石で作る簡単なおもちゃは?低学年でも夏休みの工作にできちゃう!

今回取り上げたのは、磁石を使った工作です。

小学校の低学年のお子さんでも作れるものを選びました。

親子でチャレンジしてみてくださいね^^






磁石の反発で動く自動車

磁石は吸い寄せてくっつくばかりではありません。

SとS、またはNとNは反発して離れます。

その反発する動きを利用して、自動車が走るように見える工作を楽しんでみましょう。

自動車は、厚紙やダンボール、牛乳パックなどで作ります。

自動車の種類は、トラックやバス、乗用車など好きな形にしてください。

タイヤは、ストローを軸(じく)にして回るようにします。

自動車本体のタイヤの位置にストローの太さピッタリに穴を空けて、ストローを差し込んで回転するしくみを作ります。

そのストローにタイヤを差し込みます。

タイヤは、厚紙をキレイな円に切って作ってくださいね。

円の中心に穴を空けてストローを通したあと、ストローに切り込みを入れて開きます。

ストローの開いた部分はタイヤにくっつけます。

セロテープでしっかりと留めましょう。

磁石は自動車のうしろに貼り付けます。

でき上がった自動車のうしろに、もう1つの磁石を近づけて、反発するチカラで自動車を動かします。

磁石の数を増やしたりタイヤの大きさを変えたりして、どちらがよく動くか試してみてください。


花のまわりを飛ぶ蝶々(ちょうちょう)

厚紙や画用紙、ロールペーパーの芯などを使って、「花のまわりを飛ぶ蝶々(ちょうちょう)」を作ります。

ロールペーパーは、花の茎(くき)の部分にします。

まわりに、緑色の画用紙を貼りましょう。

花びらは好きな色で作ってください。

平面のままで花の形に切って、裏に磁石をくっつけます。

磁石が隠れるように、花の茎(くき)に花びらをくっつけます。次は、蝶々を作ります。

ペットボトルのフタの中止に穴を空けて、たこ糸を通します。

フタの内側で結び目を作って、抜けないようにしましょう。

磁石は、ペットボトルのフタの内側にくっつけます。

フタに、蝶々の形に切った画用紙を貼ればできあがり。

たこ糸の上のほうを手に持って、蝶々を花に近づけてみてください。

磁石の反発のよって、蝶々が花のまわりを飛ぶような「不思議な動き」をします。

磁石の向きを間違えると、蝶々と花がくっついてしまいますのでお注意してくださいね。

魚つり遊び

魚をつる「さお」は、割りばしとたこ糸で作ります。

たこ糸の先に磁石をつけて、魚をつれるようにします。

さかなは、好きな形、好きな大きさ、好きな色で作ってください。

さかなのほうには、磁石ではなくクリップ(書類用の小さなもの)をつけます。

口のあたりが良いですね。

魚を泳がせる場所は、青い画用紙を海に見えるようにするなど工夫しましょう。

冷蔵庫にくっつけるマグネット

おもちゃではありませんが、飾りとしての「マグネット」を作ってみましょう。

ホワイトボードがあれば、キャラクターマグネットを作って好きなだけくっつけて楽しんでみてください。

マグネットの形は、紙粘土で作ります。

キャラクターや動物、お花など自由に作ってください。

クッキー型を利用すれば、星やハートのマグネットがキレイに作れます。

クッキー型を利用する場合の手順

(1)紙粘土を平らに広げます。(磁石を埋め込むので厚めにしましょう)

(2)クッキー型で型抜きしていきます。

(3)型抜きした紙粘土の形を整えます。(指に少し水をつけるといいですよ)

(4)裏面に磁石が入るように穴を掘ります。

(5)ボンドを付けた磁石を埋め込みます。

(6)紙粘土が乾いたら、絵の具で色を塗ります。

(7)絵の具が乾いたら、ニスを塗って仕上げましょう。

クッキー型を使用しない場合は、自分で好きな形を作ってください。

まとめ

今回は、低学年のお子さんでも作れるものを選びました。

いっしょに1つだけ作れば、あとは面白がって自分で作るようになります。

磁石がくっつく様子と反発して離れる様子を見て、楽しめるようにしてあげてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする





その他の関連記事