子供が熱を出した時の対処法!気を付ける事や病院にかかる時の目安

子供の熱が急に上がると、
ビックリしてアタフタしてしまいますよね。

まだ、自分の症状を伝えられない子供さんなら
余計に心配だと思います。

今、子供さんはどうゆう状態ですか?
お熱の他に症状はありますか?

まずは少し落ち着いて、症状を確認しましょう。

では、お熱が出ている時に、してあげると一番良い処置を
順を追って紹介していきますね。


[quads id=3]






子供が熱を出した時の対処法まずはどうする?

お熱がある時に、まず確認したいのが、
〇汗が沢山出ている状態なのか。
〇手足が冷たかったり、寒がっていないか。
という所です。

☆汗が沢山出て、明らかに熱を外に出している状態の時は、
熱が上がりきった状態なので、体を冷やしてあげることが
大切です。
おでこに、冷却シートを貼ってあげたり、クール枕を活用しましょう。

その他、太い血管が通っているところを冷やすといいので、
おでこ・首の後ろの他に、わきの下なども冷やしてあげると
とても効果的です。

ジェルシートを活用してもいいですし、
ケーキなどを買った際に付いてくる保冷剤を
ハンカチなどに巻いて当ててあげるのもいいですよ。

そして、寝ている時は普通にしていても、
体温が上がるので、熱が布団の中にこもらないように
少し空間を作ってあげたり、手や足を布団から
少し出してあげましょう。

☆逆に、寒がっている場合や、手足が冷たい場合は、
熱がまだ上がっている状態なので、寒くないように
しっかり暖めてあげましょう

熱が上がるのは、体に入った菌やウイルスを
やっつけている為なので、悪い事ばかりではないのですが、
あまり高い熱の場合(38.5℃以上)で、ぐったりしている
などの時は、解熱剤を服用しましょう。

38.5℃以上あっても元気で食欲もある。
という場合は、そのまま解熱剤は使わずに、
様子を見ても大丈夫です。

しかし、38.5℃以下でも、
・ぐったりしている。
・だるそう。
など、少し下げた方がいいなと判断した場合は
熱がそれほど上がっていなくても使ってあげましょう。

服用の間隔は、6時間ほど時間を空けてください。

気を付けてあげる事

お熱が出ると、体の水分が外に出てしまう事が多いので、
しっかり水分補給をして、脱水症状を防ぎましょう。

お熱が出た時は、お水やお茶よりも、
イオン飲料
がお勧めせす。
こちらの方が吸収率がいいので、脱水症状の予防に効果的です。
ポカリなどを飲ませる場合は、水で薄めるといいですよ。

飲ませ方ですが、いっぺんに沢山の量を飲ませるのではなく、
ちょこちょこ感覚を開けて、こまめに飲ませてあげてください。

その後、お熱が上がったり下がったりすることもありますので、
ゆっくり休ませてあげてください。

大体、子供が発熱する時間帯ってなぜか夕方から夜中が多いです。

急に熱が出たからと言って、病院に連れて行けない時もあるので、
まずは落ち着いて今までの対策をしてみてください。

[quads id=1]

病院にかかる時の目安

ぐったりしているのを家で見ているのも
心配ですよね(;´・ω・)

そこで、すぐに病院へ連れて行った方がいい場合を
紹介いたします。

〇ぐったりしていて、明らかに症状がおかしい。
〇嘔吐や下痢がひどい。
〇生後三か月たっていない。
熱性けいれんを起こし、5分以上けいれんが止まらない。
〇熱が何日も下がらない。

こんな症状が出ている場合はすぐに病院へ連絡しましょう。

その他、熱は下がったけど、その後の症状が気になる。
などの時も、かかっておくと安心ですね。

まとめ

まずは、暑がっているのか、寒気が来ているのかの確認。
熱が体の外に出ている時は、体を冷やしてあげる。
逆に寒いようなら暖めてあげてください。

お熱の上がり具合、きつそうにしている場合は
解熱剤を服用し、水分をこまめに飲ませてあげましょう。

その後状況を見て、病院に連れて行ってあげてください。
お熱があるのに、病院で待つのも辛いですからね。

子供さんが少しでも早く楽になる方法を紹介をいたしました。
参考になれば幸いです。

一刻も早く、お熱が下がって元気になりますように。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その他の関連記事