運動会の暑さ対策で持って行ってよかったものや便利グッズ紹介

お子さんが小学生になって、初めての運動会。

声を上げて、手を振って、お子さんを応援することも精一杯やりたいところですが、暑さ対策も気になりますよね。

1年生は、午前中で帰るプログラムになっていたり、最近は学校全体の配慮として短い時間で終わる運動会も増えてきていたりします。

それでも、プログラムの最初から最後まで見ているとなると暑さ対策は必要です。

今回は、運動会でお子さんを応援するパパ、ママの暑さ対策についてお伝えしていきますね。


[quads id=3]






日常の疑問本文スタート

運動会の暑さ対策は?

まずは、基本的な運動会の暑さ対策からお話をしていきます。

欠かせないのは、帽子、うちわ、首に巻くタイプの暑さ対策グッズです。

誰もが準備する必須アイテムです。

どんなものがあるか、順番に紹介しておきます。

きっと、意外な発見がありますよ^^

– 暑さ対策の帽子

暑さ対策の帽子と言えば、女性の場合は、サンバイザーや麦わらをイメージすると思います。

男性は、夏用のスポーツキャップでしょうか。

最近は、かぶるだけで、ひんやりとさせてくれる帽子も充実しているんですよ。

いくつかの商品を楽天でチェックしておきましたので、ぜひ参考にしてください。

* ひんやり爽快に冷える帽子 coolbit

* coolbit(クールビット) 熱中症・暑さ対策 マウンテンハット (男女兼用)

* 遮熱折りたためるクール日よけ帽子

* coolbit 冷える帽子 クールビット UVロングフラップランニングキャップ

※ 日傘は周りの人たちの迷惑になるので、運動会には日傘よりも帽子がおすすめです。

– うちわ

よくある光景ですが、ハンカチで仰いでもほとんど風はきませんよね。

やはり、うちわは持っていきたいのです。

ここでは、もっと涼しくなる「うちわ」を紹介します。

* エコ水うちわ

* 香るエコうちわ

– 首に巻く、暑さ対策グッズ

首に巻く、暑さ対策グッズにはさまざまなタイプがありあます。

いくつか紹介しておきます。

*クールスカーフ

* ひんやりベルト

* アイスノン 首もとひんやり氷結ベルト

* 極冷ICEタオル

[quads id=1]

暑さ対策で持って行ってよかったものは?

暑さ対策で持って行ってよかったという声が多いのは、保冷剤とクーラーボックスまたは保冷バッグです。

ドリンクやタオルを冷たくしておけるのと、お弁当が傷むのを防止できるメリットがあります。

ここでは、ママが持っていける保冷バッグを紹介しておきます。

* クーラーバスケット

* MOTTERU モッテル ポケクーラー// 保冷バッグ エコバッグ 折りたたみ

* バカンスクーラー トートバッグ

暑さ対策の便利グッズ

ここでは、暑さだけではなく熱中症対策にも持っていると便利なグッズを紹介します。

* 熱中対策 ひんやり日焼け止め

* どこでもアイスノン シャツミスト

* ハンディ 冷風扇 

* シャツクール

* タオルに氷をつくるスプレー

まとめ

冒頭にも触れましたが、低学年の1年生は午前中で帰るプログラムになっていたり、学校全体の配慮として短い時間で終わる運動会プログラムにしている学校も増えてきていたりします。

それでも、お子さんの応援のためにプログラムの最初から最後まで見るとなると、暑さ対策は万全にしておきたいものです。
必ず準備したいのは、帽子、うちわ、首に巻くタイプの暑さ対策グッズの3つです。

思っていた以上に、陽射しが強くて暑くなりそうな天気になった場合は、今回紹介した、持っていると便利な暑さ対策グッズからも、お気に入りを選んで持参してください。

また、熱中症などの健康上のこともありますので、お子さんの出番に合わせて、見に行く時間を短くするとか、日陰で休むとか、工夫をすることもおすすめします^^

読まれている日常の疑問
運動会の応援に行くにも、飲み物は欠かせませんよね。 陽射しが強くなると、とても暑くなるので水分補給も 必要となります。 率直に言うと「飲み物がないと耐えられません」(笑) 今回は、運動会の飲み物はペットボトルが便利なのか?  というお話です。 ペットボトルの利点、裏技、持っていく量についてお伝えしていきます。
ブログシェアのお願い
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その他の関連記事