エアコン

暮らしと生活

冬の部屋干しにエアコンを使うメリットは?6つコツや臭いを防ぐ方法!

冬になると日照時間が短く、気温も低くなるので、青空が広がっていても、冬の洗濯物はなかなか乾きませんね。 曇りの日や雨の日、雪の日はさらに乾きません。 前日の天気予報でガッカリすることも多いです。 今日は太陽が出ているからとベランダに干していたのに、取り込んでもまだ湿っていることもあります。 お子さんの体操着が朝になっても間に合わなくて、ドライヤーやアイロンを使うこともあるのではないでしょうか。 ベランダがないこともあります。 浴室乾燥機もないこともあります。 コインランドリーも遠いと部屋干しするしかありません。 冬着は夏着よりも厚くなり、重ね着もするので、洗濯物はボリュームが大きいです。 今回は、冬の洗濯物を部屋干しで早く乾かしたいとき、どうすれば良いのかについてお話をまとめました。 どうぞご覧ください。
暮らしと生活

エアコンの送風運転は冬も必要なの?機能や納得の効果も!

エアコンの送風は冬も必要なの? ただ風を送り出すだけなら、寒い冬には必要がない気がしますよね。 実は、送風機能には意味があるのです。 正しく使うことによって、送風機能の本来の効果が発揮されます。 今回このページでは、「エアコンの送風は冬も必要なのか」をテーマにして、「エアコンの送風機能」と「エアコンの送風効果」についてお伝えします。 どうぞ、ご覧ください。
暮らしと生活

エアコン送風は外気を取り込む?扇風機に使える?大事な役割について

今回このページでは、エアコン送風は外気を取り込んでいるのか? 扇風機の代わりに使えるのか?を話題にしています。 「送風機能の大事な役割」についても、ぜひ参考にしてくださいね。
暮らしと生活

エアコンを送風にしているのに寒いのはなぜ?役割や活用の仕方

エアコンを送風にしているのに寒いのはなぜ?と思うことがあります。 冷房が効きすぎるから、送風にしたのに!と結局は窓を開けるか、エアコンを切るかになります。 エアコンの送風には温度設定はないのかなぁ何のために送風モードがあるのだろう? 暑さと寒さの調整がむずかしくてぶつぶつ言いたくなるばかり。 今回このページでは、「エアコンの送風が寒い理由」「エアコンの送風がある意味」「送風モードの活用の仕方」などについてお伝えします。 どうぞ、ご覧ください。
暮らしと生活

エアコンをつけて寝ると体がだるくなるのは何故だろう?原因と対策紹介

毎日ムンムンして夜は特に暑いと 眠れないですよね(+_+) 自分は我慢できても子供が汗びっしょりで寝ていると ついついクーラーをつけてしまいますが、 朝がとてもだるい・・・ ということが多い管理人です。 あなたはそんな経...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました