タイトスカートのウエストの詰め方と簡単に対処する方法

今回の話題は、タイトスカートのウエストの詰め方です。

ウエストが細くなったのなら、うれしい誤算ですよね。

でも、買ってきたタイトスカートのウエストが合わないとなると悩ましいばかりです。

このページでは、プロにお願いするのではなく、自分でお直しをしたい場合の「タイトスカートのウエストの詰め方と簡単に対処する方法」をお伝えします。

どうぞ、ご覧ください。






タイトスカートのウエストの詰め方と簡単に対処する方法

タイトスカートのウエストの詰め方を考えた時、「ちょっとだけサイズが合わないなぁ」と、そんな具合だと自分でお直しをしたい場合がありますよね。

プロにお願いすると思った以上にお金がかかってしまうので、「スカートを買った時の値段を考えると、「自分でやったほうが良さそう」となります。

タイトスカートのウエストの詰め方も、波縫いくらいでできる方法でやってしまいたいところです。

ポイントは、ウエストをどれくらい詰めるか、その長さの測り方でしょう。

多くの人がやっている方法では、タイトスカートを履いたまま、ウエストを縮めるサイズの目安を決める方法があります。

タイトスカートのウエストを指でつまんで、どれくらいの長さを縮めるのか?を見るのですが、その時に内側をつまみます。

内側に向けてつまめば、仮縫いをするか、安全ピンで留めるか、のどちらかができます。

そのあとタイトスカートを脱いで、波縫いで縦に往復で縫います。

とりあえずは、これでタイトスカートを履けるようにはなります。

スカートを履いた時に、波縫いをしたところ(指でつまんだ部分)が山のようになって気になる場合は、そこを折りたたんで「まつり縫い」をします。

そこまで手間をかけるかどうかは、自分の感覚次第です。Tシャツの首元のタグが気になるような人は、タイトスカートのお直しも「まつり縫い」をするところまでやってしまったほうが良いかもしれません。

— 簡単に対処する方法

簡単に対処する方法では、タイトスカートに限らず、他のタイプのスカートやデニムパンツなどのウエストの調整に応用する方法をまとめておきます。

安全ピンは留める時の向きに注意!

ボタンやチャックがないスカートの場合は、先ほどの「タイトスカートのお直し」のように、内側につまんで安全ピンで留めてしまいます

安全ピンは、縦にして留めましょう。横向きに安全ピンを留めると、スカートが履きにくくなってしまうからです。

自分でお直しするのは怖いという人は、安全ピンで留めるだけの簡単な方法でやり過ごしましょう。

クリップなら、ダブルクリップがおすすめ!

「安全ピンの針がなんとなく嫌だなぁ」という人は、書類を留めるクリップを使ってみてください。

クリップは、大きめのしっかりとしたものを選びましょう。

クリップは、ダブルクリップのタイプがおすすめです。

ホックがあるスカート

ホックがあるスカートは、ホックの位置を変えてしまいましょう。

少しだけウエストを詰めたい時は、ホックの位置を変えるだけで十分です。

注意したいのは、ホックの位置を変えることによって、ファスナーがしっかりと上がらなくならない程度までにしておくことです。

ゴムのウエスト

ウエストの内側にある縫い目を開けば、ゴムの一部を引っ張り出すことができます

そのゴムを縫えば多少は縮みます。

あとは開いた縫い目を閉じればOKです。

まとめ

今回は、タイトスカートのウエストの詰め方と簡単に対処する方法」をお伝えしました。

ウエストを詰めるべき長さが少しばかりではない場合は、プロの手にお願いしたほうが良いです。

ファスナーの取替が必要だとか、キレイに見せたい場合は、洋服のリフォーム屋さんに相談しましょう。

間に合わせで良いなら、お伝えしたような「波縫いくらいでできる方法」を試してみてください。

ダブルクリップや安全ピンで留めるだけの簡単な方法もあります。

最終手段は、サスペンダーを使う手もあります。

参考にしてみてくださいね^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする





その他の関連記事